画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Appleの開発者向けイベント「WWDC 2017」に合わせて、Appleオンラインストアのラインナップも大きく更新。純正のアクセサリ類では、Bluetoothによるワイヤレス接続と、Lightning端子による有線接続に対応したキーボード「Magic Keyboard」に、テンキー付きバージョンが追加されている。

これまで、Magic Keyboardはテンキーレスのコンパクトタイプのみだったが、新たなテンキー付きバージョンを歓迎するユーザーは多いだろう。数値の入力が多いユーザーだけでなく、上下左右のカーソルキーがフルサイズになったことで、使い勝手が高まった。Bluetooth接続の場合、内蔵バッテリによる駆動時間は約1カ月以上となっている。

対応環境は、macOS 10.12.4以降を搭載したBluetooth対応のMac、およびiOS 10.3以降を搭載したiOSデバイスだ。本体サイズはW41.87×D11.49×H0.41〜1.09cm、重量は0.39kg。日本語版のほか、英語版(US・英国)、スペイン語版、中国語版(ピンイン・繁体字)、韓国語版が用意されている。参考までに、テンキーレスのMagic Keyboardは、本体サイズがW27.9×D11.49×H0.41〜1.09mm、重量が0.231kgだ。