Appleが次期プラットフォーム「iOS 11」を発表!

Appleは5日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」で2017年6月5日(月)から6月9日(金)に渡って開催される開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2017(WWDC 2017)」に合わせて基調講演「Apple Special Event June 5, 2017」( https://www.apple.com/apple-events/june-2017/ )を実施しました。

その中でスマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 11」を発表し、開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今月後半から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種はiOS 10とは異なり、iPhone 5やiPhone 5c、iPad 4が対象外となり、iPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)で、アップデート料は無料となっています。


iOS 11を発表した同社CEOのTim Cook氏

AppleではWWDC 2017において各製品向けの「watchOS」や「tvOS」、「macOS」、「iOS」といったプラットフォームごとにまとめ、watch OS 4やmac OS High Sierraとともにスマホおよびタブレット向け次期プラットフォームのiOS 11を発表しました。

iOS 11については同社ソフトウェア上級副社長のCraig Federighi氏が主に説明し、現在提供されている「iOS 10」に続いて順当にiOS 11になることに続き、デモも交えつつ、途中で新しいタブレット「iPad Pro 10.5」と「iPad Pro 12.9」の発表を踏まえて、iPad向けのマルチタスク強化などが紹介されました。




新しくなるApp Store

またiOS 11と合わせてアプリやゲームなどのコンテンツ配信マーケット「App Store」が刷新されることが発表され、Apple Musicのようなデザインになり、新たに追加される「Today」タブで新しいアプリを見つけやるくなるとしています。これらについては同社ワールドワイドマーケティング担当上級副社長のPhil Schiller氏がプレゼンテーションを行っていました。

はじめはフラグメンテーションの話で、iOS搭載機器ではすでに86%がiOS 10となっており、Android 7.x(開発コード名:Nougat)との差をッ強調していました。その上でiOS 11を発表し、コントロールセンターのユーザーインターフェース(UI)の変更などの新機能が説明されていきました。

コントロールセンターは新たに1ページにまとめられ、感圧機能「3D Touch」によって詳細設定に移動するUIとなるとのこと。また通知センターはロック画面と統合され、Live Photoが撮影の瞬間を選択可能になるほか、自動ループや逆再生、長時間露光といった設定ができるようになります。

またiCloudにてメッセージを同期できるようにし、Siriではタスク管理やQRコードをサポートし、次に何をするのかを先読みしてサポートするようになるほか、これまでデバイスごとに学習していまいたが、iOS 11ではデバイス間で学習が同期されるようになるということです。

なお、Siriは3億7500万台で稼働し、より自然な発音を機械学習で獲得しており、複数の回答と翻訳機能に対応するとのこと。翻訳は英語、中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語に対応。

カメラも機能が強化され、写真とビデオの保存形式を高効率画像ファイルフォーマット(HEIF)を用いて保存容量が半分に。またポートレートモードも進化し、光学式手ブレ補正、トーントーンフラッシュ、HDRで撮影することができようになるほか、Depth APIが提供されます。また合成写真の作成も容易になるということです。




地図は進化し、新たにショッピングモールや空港などの屋内情報も表示され、東京にも対応予定。ナビでは車線情報、制限速度を収録。またナビゲーションはセンサーを使って運転中モは通知をせず、自動返信するなどのモードが導入されます。

HomeKitではスピーカーが追加され、新しい「AirPlay 2」で複数の部屋の音楽を設定可能にるほか、メーカーと提携してApple Musicを複数の部屋で楽しめるようになるとのこと。これはApple TVの音楽を各部屋で再生することもできるそうです。さらにApple Musicでは聞いている音楽の共有が強化され、「Music Kit」も提供されます。


iOS 11では機械学習(Maschine Learning:ML)がさまざまな機能に使われており、iOSにおける「CoreML」によって機械学習をアプリに導入可能。その他、決済サービス「Apple Pay」は年内にアメリカの小売店の半分で利用でき、新たに個人間送金に対応。

ついにAR(拡張現実)についても対応し、まずは開発者向けに「ARkit」が提供されます。ARkitを使うことで机の上に仮想のコーヒーやランプを配置したりでき、光の陰影もコントロールして自然な拡張が行えるというデモが行われました。iPhoneでも高速で安定したモーショントラッキングを実現します。


iPadではmacOSのアプリランチャー「Dock」が導入され、さらにDockからマルチタスクウィンドウを開けたり、アプリ間のドラッグ&ドロップに対応するなど、マルチタスクが強化されます。またアプリのペアリングを保存して素早く切り替えが可能になったり、ファイル管理アプリ「Files」が追加され、iCloudだけでなく、DropboxやBoxなどのサードパーティーのクラウドストレージサービスにも対応します。

ペン機能も進化し、ロック画面をペンでタップすればすぐに書きはじめられるクイックノートアプリが追加されるほか、Safariにペンで書き込んだりできるように。クイックノートはインラインの手書きメモや書類の取り込みに対応し。手書きメモは自動的に認識してSpotlight検索されるようになっています。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・WWDC 関連記事一覧 - S-MAX
・iPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 11」などを発表へ!Apple、開発者向けイベント「WWDC 2017」を6月5〜9日にサンノゼで開催 - S-MAX
・iOS 11 brings new features to iPhone and iPad this fall - Apple
・Apple unveils all-new App Store - Apple
・WWDC - Apple Developer