AppleはWWDC 17初日となる現地時間6月5日に、12インチMacBook、13インチMacBook ProのTouch Bar付きとなし、15インチMacBook ProのTouch Bar付きの合計4モデルを発表しました。

12インチMacBookはシリーズ最薄モデルに

12インチMacBookは、12インチRetinaディスプレイを搭載、最高で1.3GHzのCore i7プロセッサ(Kaby Lake)、8GBのメモリ、最高512GBのSSDを搭載、重さ0.92kg、厚み 13.1mmと、MacBookシリーズのなかでも最も薄型のノートPCとなっています。価格は1,299ドルからと発表されています。
 
アップデートされた13インチMacBook Proは、最大で3.5GHzのデュアルコアCore i7プロセッサ、15インチMacBook Proは最大3.1GHzのクアッドコアCore i7プロセッサを搭載。メモリは13インチが8GB、15インチが16GBで、ハードディスク容量は13インチが最大128GB、Touch Bar付きは同256GB、15インチが最大2TBとなっています。バッテリーの持ち時間は最大10時間です。
 
価格は13インチが1,299ドルから、Touch Bar付きが1,799ドルから、15インチTouch Bar付きが2,399ドルからで、本日よりAppleサイトで購入可能となっています。

 
またAppleは同日、13インチMacBook Airのプロセッサを、1.8GHzにアップデートすることも明らかにしました。
 
 
Source:Apple
(lunatic)