GK中村航輔、浦和も完封!完全に“浮遊”した「超セーブ」を見逃すな

写真拡大

J1で首位を走る柏レイソルの守護神として活躍を続けるGK中村航輔。

その才能を評価する声は数年前からあったが、特に今季は出色のパフォーマンスを見せており、ついに日本代表に初招集となった。

そんな中村は先週末に行われたJ1第14節の首位攻防戦、浦和レッズ戦でもフル出場。

0-0で迎えた37分、またもスーパーセーブでチームの危機を救った。

※00:02から

右サイドからチャンスを作った浦和。

縦に速い攻撃から関根貴大がクロスを送ると、李忠成がこれをトラップ。すると駆け上がっていた森脇良太が左足で直接合わせたのだが、中村航輔がこれをセーブ!

森脇のシュートにはスピードがあり、しっかりとコースを突いていた。しかし、中村航輔は美しさすら感じさせる横っ飛びでこれに食らいつき、しっかりとボールを弾いてみせた。

このゲームでは他にもいくつか見せ場を作り、興梠慎三のPK失敗も誘った中村航輔。

チームの1-0の勝利に大きく貢献しており、下平隆宏監督も「後半はなかなか自分たちがボールを持つ時間が少なくなっていく中で耐える時間が増えて、GKの中村航輔を中心になんとかゼロで終われたことに関しては守備陣の健闘を褒めたい」とその活躍を評価している。