これからも大事にしたい…。男性が「彼女からの愛情を感じる瞬間」って?

写真拡大



恋愛における「好き」と、「愛」って、それを受けた人からすると、一発でわかるくらい違いが明白です。男子も、彼女から「好きというより、愛されてる」と感じると、彼女に対するいとしさが強まっていくんだとか。そこで今回は、20代男子30人に「「俺、愛されてるなー……。この幸せ、失いたくない」な瞬間」について聞いてみました。

■1.黙って優しく……

「ドキッとするのは、彼女が俺に黙って、服を畳んだり、俺が好きなジュースを買ってきていてくれたりする瞬間かなー。そのさりげなさに、圧倒的な愛情を感じる」(公務員/21歳)

この「やってあげてますよ感」の皆無さに、とても深い愛情を感じ取るんだそうです。たしかに、愛というのは、無償だからこそ愛なわけで。「〜してあげるね」というのでは、「だから嬉しく思ってね。褒めてね好きになってね」という気持ちが透けて見えなくもありませんもんね、意地悪な見方をすれば。さりげない優しさは、たしかにカレに気づかれないかもしれないけど、気づいてもらったときの効果は絶大です。

■2.髪をなでなで

「一緒に寝てたりするときに、彼女が俺の髪をなでてくれる瞬間が大好き。理由はないけど、すごく愛されてることを実感する」(フリーランス/24歳)

人って、無性に、そして無償で愛しいものには、なでなでをしてしまう本能があるかもしれません。かわいい猫ちゃんとか、ずっとなでなでしてしまいますもんね。なでなでしてあげたいから、意味不明なほどベタベタにワックスをつけるのはやめてほしいね(笑)!

■3.ダメなとき、徹底的に慰める

「自分がダメ人間なのかもしれないけど、自分が失敗したり、だらしなかったりしてるとき、ひたすら100%に慰めてほしい。自分は『ちゃんとしないとダメじゃん』よりも『人間なんだから、そういうのもしょうがないんだよ』っていう方が嬉しいんだよね」(ウェブ系/25歳)

私もこの前、会社をズル休みしてしまったんです。そんなとき、彼氏が「そういうときって、あるもんだよ」って言って、一緒に会社を仮病で休んでくれたんです。「ちゃんといかないとダメじゃん」って怒られると思ってたのに、その包容力に泣いちゃったんですよね〜(笑)。落ち込んでるとき、自分がダメだって自分が一番わかってるわけですから、恋人にしてほしいのは、叱るよりも抱きしめることですね。

■4.鼻水を拭いてくれる

「ダサい話かもしれないけど、彼女が俺の鼻水を拭いてくれた瞬間、愛情を感じました……」(大学生/22歳)

なんで鼻水が出てんの(笑)。しっかりしてよ!あ、これがダメなのか……。人間だし、たまには鼻水タレゾウになっちゃうこともあるよねー、よしよし……。これでいいんでしょうか……。いささか不明です。

■おわりに

「言われなくても、こんなの全部やってるわい! わい!」って人は、すでにカレのことを十分深く愛してます。逆に、「まだカレの鼻水はさすがに拭けないなー」って人は、演技でいいから、嬉しい顔して拭いてあげましょうね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)