Appleは現地時間6月5日、WWDC 17において、Siriを搭載した家庭用スピーカー「HomePod」を発表しました。

アメリカ、イギリス、オーストラリアで12月に発売

WWDC 17開催前から繰り返し噂が出ていた、Amazon EchoやGoogle Homeに対応する家庭用ワイヤレススピーカーが発表されました。名称は「HomePod」、12月にまずアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売となります。
 
HomePodは高さ7インチ(約18センチ)と小型で、全体がメッシュで覆われたデザインとなっています。Appleがデザインしたウーハー、目的の方向に音を届ける7個のビームフォーミングツイーター、そしてiPhoneと同じA8チップを搭載しています。
 
「Spatial Awareness(空間認識)」技術により、スピーカーが自ら現在置かれている位置(テーブルの上、部屋の隅、棚の上など)を数秒以内に把握、最適な音を届けます。
 
Apple Musicと連携しているため、Siriを使って「ヘイ、Siri」と呼びかけることにより、Apple Musicライブラリの楽曲を再生することができます。音楽を再生しながら、「このドラムは誰が演奏しているの?」などとSiriに質問、答えを得ることも可能です。

価格は4万円以下に


 
HomePodはノイズや反響音を除去する機能を備えた6個のマイクロフォンアレイの搭載により、音声呼びかけに正確に反応します。たとえば大音量で音楽を再生しているときでも、HomePodから遠い位置にいる人物の「ヘイSiri」の呼びかけに正しく応答します。
 
またAmazon Echoなどと同様に、ニュースやスポーツ試合の結果、天気予報などを音声で尋ねたり、Siriを呼び出してHomeKit対応製品を制御したりすることもできます。iPhoneやiPadのホームアプリを使えば、外出時でもHomePod経由で照明や冷暖房のオンオフなどが可能です。
 
カラーはスペースグレーと白の2色展開で、価格は349ドル(約3.86万円)となっています。
 

 
 
Source:Apple
(lunatic)