Appleは現地時間6月5日に開催した開発者会議(WWDC 17)で、Apple Watch向けの次期OS「watchOS 4」を発表しました。新たにSiriのウォッチフェイスを追加したほか、音楽を再生しながらのワークアウトが可能になります。

Siriやトイ・ストーリーのウォッチフェイスも追加

新しいwatchOS 4では、かざすだけで情報をアップデートするなど、情報へのアクセスが簡単になります。サードパーティー製アプリにも対応します。情報が多いと感じた場合はシンプルなモードに切り替えることも可能です。
 

 
フェイス(iPhoneでいうホーム画面)に、新たにトイ・ストーリーのキャラクターが登場します。
 

 
また、アクティビティ機能を強化し、水泳用のワークアウトや高強度インターバルトレーニング用のワークアウトなどが利用できます。複数のトレーニングを組み合わせて、全体的なカロリー消費や時間などの測定値を得ることができます。
 

 

 
実績の獲得までもう少しという場合や、前日の活動レベルと同様の動きをするための提案など、アクティビティの達成に向けてよりサポートしてくれるようになります。
 

 

 
アクティビティレベルを達成すると、今まで以上に派手にお祝いしてくれます。
 

 
また新たに提供されるGymKitでは、Life WatchやTechnogymといった大手メーカーのフィットネスマシンなどと連携できます。以前はスマートウォッチとフィットネスマシンとの間では、カロリーや距離、スピード、傾斜やペースなどを通信していませんでしたが、シームレスな同期が可能となり、正確に測定できるようになります。
 

 

 
ミュージックアプリも強化され、デジタルクラウンを回すだけで好きなプレイリストにアクセスできるほか、ワークアウト開始とともに音楽を再生するなどが可能となります。
 

 
そして新機能が、メッセージ機能を使った個人間送金です。Apple PayやSiriを利用し、すばやく安全に支払いをする、または受け取ることが可能です。送金を受けると新しいApple Payアカウントで受け取り、すぐに店舗やアプリで使うことができます。
 

iOS11搭載のiPhone5以降と連携したApple Watchで利用可能

watchOS 4は、iOS11を搭載するiPhone5以降のiPhoneとペアリングしたApple Watch向けに、2017年秋にリリースされる予定です。開発者向けプレビューは本日より、watchOS 4用のWatch Kitが提供されます。
 
 
Source:Apple
(asm)