4日、韓国メディアによると、訪韓外国人観光客が韓国の料理に満足できない最も大きな理由は「辛過ぎる」であることが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は韓国料理。

写真拡大

2017年6月4日、韓国・聯合ニュースによると、訪韓外国人観光客が韓国の料理に満足できない最も大きな理由は「辛過ぎる」であることが分かった。

韓国観光公社が4日に発表した「2017外国人観光客の飲食観光の実態調査」によると、今年2月に韓国を訪問した外国人観光客974人のうち66.3%が韓国の料理に「満足」と回答した。「不満足」と答えた人は2.3%で、残りの31.4%は「普通」と答えた。

韓国の料理に満足できなかった理由としては「辛過ぎる」(46.1%)が最も多かった。次いで「価格が高い」(29.2%)、「特有の香りが嫌」(20.3%)、「清潔でない」(19.2%)が続いた。

また、訪韓外国人観光客が飲食店を利用する際に最も不便を感じるのは「店の場所を探すのが大変」(36.2%)という点だった。そのほか「店員と意思疎通ができない」(33.8%)、「飲食店の情報を得にくい」(31.8%)も挙げられた。

この結果を受け、観光公社は「飲食店関連の情報や位置基盤地図サービスなどを提供し、飲食店には通訳・翻訳アプリサービスを導入するべき」と指摘した。

この調査結果に、韓国のネットユーザーからは「食べ物の価格は他の国に比べて安い方。嫌なら来ないで」「韓国人のための飲食店でしょ?なぜ外国人観光客の好みに合わせなければならないの?口に合う韓国料理を食べたければ、自国にある韓国料理店に行けばいいのでは?」と反発する声が寄せられている。

また、「彼らの国の料理は安くて清潔なの?食べ物は国の文化。そのまま受け入れて楽しむべき」「彼らの国に行ったら韓国語で応対してくれるの?現地の言葉を勉強してから旅行すればいい」「辛い料理には良い効果がたくさんあるのに。汗をかけばダイエットにもなるし、体内もきれいになるよ」と主張する声もあった。

一方、「辛い、高い、特有の香りがするとの意見は無視していいけど、汚い、衛生的でないというは問題だ」「清潔でないことは認める。汚い雑巾でテーブルを拭かないで」など衛生面を改善してほしいと訴える声もみられた。

そのほか「安い食材の味をカバーするために調味料をたくさん使うから、ただ辛いだけで深い味がしない」「腐りかけの材料を使うから、臭いを消すために辛く味付けするしかないんだよ」「ナトリウムの塊である韓国料理は食べたくない」と指摘する声や、「今後は外国人にキムチを無理に勧めるのはやめよう」と反省する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)