代表初招集の中村は川島と東口との争いにも「負けないようにやる」と意気込んでいる。写真:徳原隆元

写真拡大

 日本代表は6月5日、味の素スタジアムでトレーニングを行なった。今回が初招集となったGKの中村航輔(柏レイソル)が練習後に取材に応じた。
 
 3月の招集メンバーだった西川周作(浦和レッズ)と林彰洋(FC東京)を差し置いてのメンバー入りを果たした中村は、「初めての経験で非常に良かったと思います」とトレーニング初日を振り返った。
 
 川島永嗣(メス)、東口順昭(ガンバ大阪)という日本を代表するGKについては「すごく勉強になります。普段、間近では見られない選手なので、このタイミングで見られて良かったと思います」と語った。しかし、「シュートを止める技術は二人とも高いですけど、負けないように頑張りたい」と出場に意欲を見せている。
 
 初招集に対して「慣れてない場所なので、いつものリズムではない」と戸惑いも見せた中村だが、 7日のシリア(キリンチャレンジカップ2017/親善試合)、同13日のイラク(ロシア・ワールドカップ最終予選)との戦いに向けて「出た時にはいつも通り結果を求めて頑張ります」と意気込んだ。

取材・文:井本佳孝(サッカーダイジェストWeb編集部)

【日本代表PHOTO】シリア戦、イラク戦に向けたメンバー25人