本物そっくりの感触で看護師の訓練に大活躍している模擬肛門(より)


 機械技術も電子技術も、そしてそれらを合体させたメカトロニクスも日本のお家芸。しかし、これらの技術の医療への応用はまだ始まったばかり。世界一の高齢化社会を迎える日本にとって、実はこの分野は大きな市場が見込める宝の山である。

 前回は超微細加工の技術を生かして血管を縫合できる世界最小の手術用針を開発した河野製作所(千葉県市川市)をご紹介した。今回は全く別の切り口から医療分野を攻めている2社をご紹介しよう。

 医療産業への参入は、手術ロボット、体内に埋め込むインプラントからガーゼといった消耗品に至るまで間口が広い。

 今回は、研修医や看護師が、初めて患者さんに接する時に、緊張しすぎたりうまくいかなかったりといったことにならないよう、リアルさを追求した訓練ができるよう考え抜かれた製品をご紹介する。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

自動車部品から浣腸練習キットを生み出したワケ

 「販売とは今までできなかったことを可能にすることだ。その手段が困っている現場と向き合う製品だ」

 こう語るのは自動車部品の製造を主軸とするコージン(富山県上市町)の小柴雅信社長(43歳)だ。

コージンの小柴雅信社長(2016年都内展示会にて)


 29歳の時に、当時の社長だった父親が出張先で急逝し、31歳で事業を継いだ。医療向けにもの作りを始めたのは2014年で、2年かけて試作から販売へと漕ぎ着けた。

 浣腸というとイチジク浣腸を思い浮かべる人も多いだろう。マーケティングリサーチ会社のインテージ(東京都千代田区)の調べでは、薬局で販売される便秘薬市場は年間300億円強で、2013年度は便秘薬が266億円、浣腸剤が53億円だったという。

 やや乱暴な概算だが、浣腸剤1個を100円とすると、5300万個売れていることになる。

 メーカーによっては、1個あたり100円以下の製品も少なくないので、実際にはもっと売れていると考えられる。

 コージンが開発したのはこうした個人向けの浣腸剤ではなく、看護師が患者に対して手際よく浣腸する訓練用の教材「かん助」だ。

 同社はプラスチックと金属や紙などの異種素材が合体した状態で金型から出てくるインサート成型を得意とし、この技術を基に柔らかいプラスチックと硬いプラスチックで「かん助」を生み出した。

「かん助」実際の練習では、中央のショーツに左手にもった部品を入れて患者役が着用、看護師役が浣腸を操作する


患者に触れる感覚をよりリアルに学ばせたい

 きっかけは、ある大学の看護学科の先生との出会いだった。

 小柴氏は授業を見学してロールプレイで疑似体験をする様子に驚愕したという。学校とはいえ実際に人体を手技トレーニングのために練習台にすることはできない。

 どのように練習しているかというと、3人1組になり、パジャマを着て横になる患者役、患者にタオルケットをかけて浣腸をする看護師役、もう1人は手をこぶしに握り患者のお尻に近いところで肛門の代わりをするというものだった。

 看護師役の生徒は、患者さんが恥ずかしくないようにタオルケットをかけて、顔色をみながら声がけをする。ただ、そこには、患者に触れる感覚や力の入れ具合などを学べるすべがなかった。

 医者や看護師が手技をトレーニングする医学教材ではよりリアルさを追求するためマネキンが使われる。

 しかし、高額であるためあらゆるトレーニングをカバーできる教材が手に入るわけではない。それ以前に浣腸や摘便には、これぞという練習教材が見つからなかったのだ。

 100人以上の看護師にヒアリングをして改良を重ねた末に試作品が完成した。小柴氏は、試作品を使った授業にも立ち会った。

 看護学校の生徒からの「こんな感触なんだ」という一言は忘れられないと言う。それまでのロールプレイでは成し得なかった学びの形を実現したことを実感した瞬間でもあった。

「3年前だったから手を挙げることができた」
新規参入はタイミングが命

 小柴氏は言う。

 「3年前だったから手を挙げることができた。本業で食べながら、新しいことに挑戦していく。体力があるうちが勝負。中小企業の異業種参入は、ピンチを迎えてからでは間に合わない」

 「開発コストの回収はこれからで、今は利益を追いかけるよりも、次の製品開発をするための資金を確保したい」

 医療のニーズは臨床現場の困りごとから医学教育まで実に幅広い。自動車や家電産業で培われた日本のもの作り技術が、医療に生かされる事例となった。

 次に紹介する企業も研修医や救急救命士のトレーニングに生かされる医療訓練ロボットを開発した。

「イタイ!」と反応、研修医向けの胃カメラ訓練ロボット

 テムザック技術研究所は鳥取県に拠点を置く医療ロボットベンチャーだ。

 医学教材として、 気管挿管で気道を確保したり、胃カメラなどの内視鏡検査をしたり、喀痰(かくたん)吸引といった3つのトレーニングができるロボットを開発。今年3月に販売を始めた。

 実際の患者を想定するため、顔の作りや特殊メイクなど繊細な技術が施されている。外観のみならず肌や臓器の感触が人間そっくりであるため、リアルな緊張感を持って訓練に取り組める。

 鳥取大学との共同開発品で、これからもトレーニングメニューを拡充すべく共同開発は継続するという。

2017年3月24日、鳥取県医工連携成果発表会にて鳥取大学医学部副学部長中村廣繁教授と耳鼻咽喉科藤井太平先生による胃カメラのデモンストレーションを実施する様子


 「我々には知りようがないことを医師が情報提供してくれる。改良を目指して、麻酔科、消化器内科、胸部外科など複数の診療科から横断的にニーズを吸い上げている」とテムザック技術研究所の檜山康明社長は話す。

 人は全身麻酔をすると顎が弛緩(しかん)するのだが、その弛緩具合も人間を思わせるほど精巧と評価されている。

開発案件は現場にある

 この訓練用ロボットのほか、立ち作業を可能にする車椅子ロボットを開発している。

 「足が不自由なために車椅子で生活をする人の中にも教師を目指す人はたくさんいる。黒板に届かないという問題や、立った時に生徒と同じ目線で教育をしたいという想いを解決したい」と檜山社長。

「会社を設立してから約3年。今までは商品開発に注力してきた。ようやく、第1弾、第2弾と商品を出していける段階になった」

 「技術研究所とは言っても、製品を世の中に出してこそ、次の開発に活かすべき現場の声を拾える。将来的には、頭からつま先までの人体とすべての臓器を再現したい」

 医療シミュレータの市場は、ニッチながら、成長が期待される分野だ。

 米国の医学教育は、座学が3割、シミュレーションを使った実践的教育が7割であるのに対し、日本は9割が座学。患者に近いリアルな反応から研修医が技術を上げていくことで、医療現場に貢献できる。

2017年3月6日、鳥取市医療看護専門学校の学生に講義する檜山氏


 今回は日本人の繊細なもの作り技術で、世界の医学教育に挑戦しようという2社を紹介した。

筆者:柏野 裕美