近藤 宣之(Nobuyuki Kondo)  株式会社日本レーザー代表取締役社長。1994年、主力銀行から見放された子会社の株式会社日本レーザー社長に就任。人を大切にしながら利益を上げる改革で、就任1年目から黒字化させ、現在まで23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導く。2007年、ファンドを入れずに役員・正社員・嘱託社員が株主となる日本初の「MEBO」を実施。親会社から完全独立。現役社長でありながら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾、慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールなど年50回講演。東京商工会議所1号議員。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」など受賞多数。  【日本レーザーHP】 www.japanlaser.co.jp/  【夢と志の経営】 info.japanlaser.co.jp/

写真拡大

◎倒産寸前「7度の崖っぷち」から年商4倍、23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロ!
◎「赤字は犯罪」&「黒字化は社員のモチベーションが10割」と断言!
◎学歴、国籍、性別、年齢不問! ダイバーシティで女性管理職3割!
◎「2-6-2」の「下位20%」は宝! 70歳まで生涯雇用!
……こんな会社が東京・西早稲田にあるのをご存じだろうか?
現役社長の傍ら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾から慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールまで年50回講演する日本レーザー社長、近藤宣之氏の書籍『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』が話題。発売早々第7刷となった。
なんと、政府がこれから目指す施策を20年以上前から実践している小さな会社があった! 「7度の崖っぷち」からの大復活! 一体、どんな会社なのか?

社長が理想とする職場を示す

 日本レーザーでは、理想的な職場のイメージを「SOFT」という言葉に集約しています。
 そして、社長自ら率先し、「職場では努めて明るく、危機のときこそ笑顔を忘れず」に行動をしています。

「SOFT」とは、
S:「SPEED/スピード」「SIMPLE/シンプル」
O:「OPEN/オープンマインド」「OPPORTUNITY/機会平等」
F:「FAIR/公正」「FLEXIBILITY/柔軟性」
T:「TRANSPARENCY/透明性」「TEAMWORK/協調性」

 の頭文字をつなげた造語です(日本電子の先輩で、日本デルコンピュータ会長だった吹野博志さんから学んだコンセプト)。

●「SPEED/スピード」
 仕事が発生したときは、誰かが手を挙げるのを待つのではなく、気づいた人がすぐに対処します。仕事を先送りせずに、すぐに反応する「打てば響く職場」が理想です。
●「SIMPLE/シンプル」
 組織の構成やルールは、シンプルであることが原則です。
 ルールが複雑になると、社員の自主性が損なわれたり、スピードが失われてしまいます。
●「OPEN/オープンマインド」
 価値観が多様化している現代では、異質な人、立場の違う人を受け入れる風通しのよさが必要です。
●「OPPORTUNITY/機会平等」  実力主義の職場では、男性にも女性にも日本人にも外国人にも健常者にも身障者にも、誰にでも平等に機会を与える必要があります。
●「FAIR/公正」
 人事評価基準が明確にして、公正さにこだわらなければ、実力主義は機能しません。
●「FLEXIBILITY/柔軟性」
 想定外の事態が起こったときは、「前例主義」にとらわれず、柔軟に対応することが大切です。「前例がない」からといって硬直的に物事を判断したら、イノベーションを起こすことはできません。
●「TRANSPARENCY/透明性」  情報をブラックボックス化すると、社内の風通しが悪くなります。
 当社では、財務諸表を社員に公表しています。
 また、営業グループ別、個人別の受注や粗利の進捗状況も公開しています。
●「TEAMWORK/協調性」
 仕事は、個人主義で行うものではなく、「チーム」でするものです。
 チームワークを高めるために、当社では、社員旅行、パーティ、歓送迎会、海外パートナーとの懇親会など積極的にイベントを開催しています。
 こうした場には、社員だけでなく、パートやビル清掃の方々にも参加していただきます。事実、先月開催された、日本レーザー創業49周年パーティにはビル清掃の方々にもお越しいただき、日頃の労に感謝しました。本当にありがたいことです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)