ハーバード生を何名も大分県に招いて サマースクールをつくったら、 世界中から子どもたちがやってきた!

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々重版となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか? 

ハーバード生と学ぶ
「SIJ」とはいったい何?

 私は、2013年からサマー・イン・ジャパン(以下、SIJ)という小・中・高・大学生の次世代を担う若者向けの英語教育、芸術文化活動、国際交流で構成される2〜3週間のサマースクールを主催しています。

 ここで私は、ボランティアで代表理事を務め、毎年ハーバード大学でも極めて優秀な学生陣を日本に招き、子どもたちに英語「を」教えるのではなく、英語「で」世界に通用するスキルを教えています。

 期間中のイベントには、のべ800名が全国はもとより、世界中から集うようになりました。
 ハーバード生の夏期インターン先として、SIJの人気は年々高まり、西海岸のグローバルIT企業や、大手コンサルティング会社などの超有名人気企業を蹴ってまで、優秀な学生がボランティア講師として次々とやってくるようになりました。

 毎年約100名のハーバード生が応募してきますが、私はハーバード生向け筆記試験を作成し、面接にあたっています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)