速報:iOS 11はiPad用機能もさらに強化。macOS風のDockやファイル管理アプリなどを追加
アップルの開発者向け会議、WWDC 2017より。新型iPad Proに合わせて、iOS 11のiPad向けの機能がさらに強化される点もトピックの一つとなりました。

路線としては、主にマルチタスクにおいてiPhoneとの差別化を進めます。macOSで採用されたDockや、ドラッグ&ドロップでの画像コピー、さらにはファイル管理アプリまで搭載します。

iPadにおけるアプリスイッチャーは、macOS風の画面配置に。複数アプリの内容を同時にサムネイル表示することで一覧性を改善しているほか、右端にはコントロールセンターも統合。画面の明るさ調整や機内モードといった設定もこちらで行なえます。

さらに、macOS風のDockを搭載。アプリを起動中でも画面スワイプで呼び出すことができ、アプリを簡単に切り替えることが可能。また、Dockにあるアプリをドラッグ&ドロップすることで、画面の分割表示も簡単に利用することができます。



ドラッグ&ドロップによる画像&URLコピーも大きなトピック。例えば、Safariで表示した画像&URLをドラッグ&ドロップで、電子メールアプリに直接コピーできます。新しいファイルアプリは、ファイルがローカル、iCloud、Box、Dropboxなどどのアプリに保存されているかに関わらず、すべての情報を1箇所に保存することができます。



iPhone向けにもコントロールセンターが刷新。これまで2ペインに分かれていましたが、これを1ペインに統合し3D Touchとの統合も強化しています。



iOS 11ではAR機能も強化。iOSデバイスの内蔵カメラ、プロセッサ、モーションセンサーを使用して、iPhoneやiPadに高品質のAR体験の実現をうたうプラットフォームを提供します。これにより、インタラクティブなゲーム、没入型のショッピング体験など、実世界に役立つARコンテンツをiPhone・iPadデバイス上で展開できるとしています。

iPhone 7 Plusのみ対応するカメラ機能「ポートレートモード」も刷新。ポートレートモードを光学式手ぶれ補正付きで撮影できるようになります。

iOS 11のディベロッパープレビューは本日より提供開始。一般ユーザー向けの公開ベータ版は、6月末に提供を開始する予定です。

【更新中】