『カーズ/クロスロード』で初めてディズニー/ピクサー声優を務める松岡茉優と藤森慎吾
 - (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

 ディズニー/ピクサーの最新作で、人気シリーズ『カーズ』の第3弾映画『カーズ/クロスロード』に、声優として松岡茉優と藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が参加していることが明らかになった。二人ともディズニー/ピクサー作品の声優を務めるのは初。今回主人公のマックィーンを窮地に追い込む史上最強のライバル、ストーム役を務める藤森は「念願叶ったな、という思いでした。ずーっとディズニー/ピクサー作品の声優さんをやりたかったのですが、その夢が叶って飛び跳ねて喜びました」と語る。

 華々しく活躍してきた天才レーサー・マックィーンが、最新テクノロジーを限界まで追求したストームをはじめとする新たな世代の登場により、「引退」を意識し“人生の岐路(クロスロード)”に立つ本作。藤森が担当するマックィーンのライバル、ストームは「わりとクールで、ちょっと鼻につく感じの生意気でいやな部分もある」キャラクター。これまで声優や俳優として求められるのは「チャラめで明るくて陽気な奴みたいな役が多かった」という藤森だが、今回のストームはそういう要素が一切ないとのこと。

 ストームの性格に引っ張られるように藤森は、「僕はやっぱり芸人をやっているので木梨(憲武)さんや、『モンスターズ・インク』の石塚(英彦)さんと田中(裕二)さんにすごく憧れました」「自分にも夢を抱くきっかけを作ってくれました。本当にああいう先人の方々のご活躍が僕の原動力になっていたんじゃないでしょうか」とチャラ男キャラを封印して喜び。さらに「ちょっと恐れ多いですね、そこに名前を連ねさせていただくというのは。末席の末席においていただければ、嬉しいです」と謙虚な姿勢で喜びをあらわにした。

 一方の松岡はマックィーンの相棒となるテクノロジーの知識が豊富な女の子、クルーズ役を担当する。マックィーンの大ファンであり、再びレースに戻ってもらいたいと思っているという役柄だ。これまでにも複数のアニメ作品で声優を務めてきた彼女だが、「選んでいただいて嬉しい気持ちが、あったのですが、それでも怖いっていう気持ちもすごく大きくて、子供の時からずっと見ていたディズニー作品ですし、わたしに務まるのかなという不安がありました」と心境を吐露。しかし「台本を読んでいく内に、本当にクルーズのことが大好きになって、是非、わたしが演じきりたいというふうに気持ちがどんどん前に向いていきました」とのこと。

 またこれまでの『カーズ』シリーズの声優も続投。マックィーン役の土田大は「今作では引退? 後進指導!? と色々見どころが盛りだくさんなカーズクロスロードですが、おじいちゃんになってなくてよかったです(笑)がむしゃらに突っ走ってた若き日、そして立ちはだかる壁を乗り越えながら進んだ先にちらつく限界と言う言葉……その時はたして何を選択するのか。まさに自分に問いかけながら挑んだ作品でした」とコメント。マックィーンの相棒メーター役の山口智充は、新たな声優たちに向けて「ディズニー/ピクサーの作品は、1回携わるとずーっと多くの人たちの記憶の中にも、作品自体にも残るので、どれだけすごい世界に入ったかという喜びをどんどん感じてくることだと思います。ぜひとも一緒に喜びを味わいましょう」とメッセージを送っていた。(編集部・井本早紀)

映画『カーズ/クロスロード』は7月15日より全国公開