現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)より開催となる、Appleの開発者会議(WWDC17)は、講演の様子をライブストリーミング配信で視聴できます。

今年のWWDC特設サイト

今年のライブストリーミング配信は、こちらの特設サイトにて視聴できます。
 

https://www.apple.com/apple-events/june-2017/

 

 
開発者向けの「WWDC17」特設サイトはこちらです。
 

https://developer.apple.com/wwdc/

 

ライブストリーミング配信を視聴する方法

各デバイスでの視聴方法は以下の通りです。
 

端末対応バージョン視聴方法iPhone
iPod touch
iPadiOS7.0以降ブラウザ「Safari」を利用iOS10.3以降アプリ「WWDC」を利用MacOS X 10.8.5以降ブラウザ「Safari」(6.0.5以降)を利用Windows PCWindows10ブラウザ「Microsoft Edge」を利用Apple TV
(第2・第3世代)tvOS 6.2以降アプリ「WWDC」を利用Apple TV
(第4世代)―アプリ「WWDC」を利用

 
5日午後11時30分の時点で、iPhoneの「WWDC」アプリでは基調講演の配信予定エリアが追加されています。
 

 
WWDC17では、各デバイスの次期OSの発表が確実視されるとともに、ハードウェアの発表も期待されています。
 
【WWDC17 発表予想製品】
・iOS11
・macOS10.13
・watchOS 4
・tvOS
・10.5インチ iPad Pro
・MacBook
・Siri搭載スピーカー
 
これまでの噂などは「いよいよ今夜開催!WWDC2017の注目すべき点とは?」の記事もご参照ください。
 
いよいよあと2時間!夜更かしできない方は、基調講演後に公開される動画を後ほどチェックしましょう。夜更かしする方はライブ視聴環境を整えて臨みましょう。iPhone Maniaでは各製品が発表され次第、随時速報記事でお届けします。
 
 
(asm)