【詳細】MVはこちら

プロデューサー / DJとして活躍する、大沢伸一の音楽家としての原点ともいえるプロジェクト、MONDO GROSSOの14年ぶりとなる新作アルバム『何度でも新しく生まれる』が、6月7日にリリースされる(デジタルリリースは本日6月6日)。

東京スカパラダイスオーケストラの谷中 敦が作詞を担当し、アナログレコードでリリースされた先行シングル「ラビリンス」は、満島ひかりがボーカルを担当していることでも大きな話題となったが、このたび同曲のミュージックビデオが解禁となった。

大沢伸一による8小節のメロディが延々とループされるこの楽曲の特性を、谷中が 「出口もなく終わりもない迷宮」に引き込まれていく“ラビリンス”というテーマで言葉を描いいており、それを歌う満島ひかりの透明で浮遊感のある歌声が中毒性を誘う。

この儚く美しいミステリアスな楽曲のミュージックビデオの舞台に選ばれたのは香港。古きと新しさ、そして様々な文化が混沌と入り交じる、まさに“ラビリンス”な地に、満島ひかりが迷い込み、音楽を泳ぐように“ダンス”で表現する。

1台のカメラで、ワンシーン・ワンショットで撮影された本作。ストリングスやピアノなどの音の中を泳ぐように、ときにエモーショナルに、様々な表情を見せながら踊る、“アーティスト”満島ひかりのパフォーマンスは必見だ。

振り付け、ダンスの監修は、2017年度アカデミー賞最多受賞作となった大ヒット映画『ラ・ラ・ランド』の振付補を務め、キャストとして出演もしている世界的ダンサー、ジリアン・メイヤーズが担当。海を超えたコラボレーションで作品性を高めている。

アルバム『何度でも新しく生まれる』には、満島ひかりのほか、齋藤飛鳥(乃木坂46)、bird、UAなど多彩なボーカリストが参加。全曲日本語ボーカル曲で制作された全11曲が収録される。

14年の時を超え、“何度でも新しく生まれる”大沢伸一/MONDO GROSSOの音楽世界を存分に堪能できる作品となっている。

大沢伸一 コメント

「ラビリンス」のMV完成を見届けて、もはや自分の楽曲という感覚はほぼなく、それは哀愁と混沌と情熱を兼ね備えた美しい映像とただ共存していた。



リリース情報



2017.06.07 ON SALE

ALBUM『何度でも新しく生まれる』

「ラビリンス」MV

https://www.youtube.com/watch?v=_2quiyHfJQw

MONDO GROSSO OFFICIAL WEBSITE

http://www.mondogrosso.com/