暑い日も寒い日もサーマルカットソーを着る

写真拡大 (全4枚)

ショッピングは、もはやオンラインでするのが当たり前。

朝夕は涼しく、日中は暑い。いまの時期の服選びって、なかなか難しい。

そんな中途半端な気候でも、抜群の着心地の良さを叶えてくれるのが、汎用性の高いサーマルカットソーです。

暑い日も肌寒い日も体になじむ機能性の高さ

aiさん(@ai_ai_m)がシェアした投稿 -

@_____hana_to_asmがシェアした投稿 -

もとはミリタリーやアウトドアのアンダーウエアとして着られていたというだけあり、その機能性は抜群。

快適な着心地のヒミツは、表面に凹凸があるワッフル状の織り生地。

肌寒く感じるときは、空気をふくみ、ふんわりやわらかで、あたたかく。汗ばむときでも、肌にぺたっとはりつかず、さらりとさわやかに着ることができます。

最近では、レディライクなデザインが続々と登場しています。デイリーに取り入れるなら、特徴ある生地感をいちばん楽しめるホワイトです。

毎日でも着たくなる、ほどよく体になじむシルエット

B:MING by BEAMS / 5,940円(税込)

ダボっとしすぎず、ピッタリすぎず、ほどよく体になじむシルエット。ウエストインでもアウトでもバランスよく着こなせるほどよい丈感。

ベーシックなつくりのなかに細かなこだわりが詰まった1枚です。

ポイントはネック部分。フロントは広めの空きのUネックですっきりと、バックはVネックでセクシーに。スタンダードなサーマルでも、さりげなく女性らしさを発揮します。

>>このサーマルカットソーが欲しい

元祖スポーツブランド「チャンピオン」で叶う着心地の良さ

Champion / 8,100円(税込)

とことん機能性を求めるなら、スポーツブランドを選べば着やすさは確実。

主張するデザインは、袖口のアイコニックな「Champion(チャンピオン)」のロゴのみ。ワイドシルエット、ドロップショルダー、七分袖とスマートに着られるエッセンスがそろっています。

さらに前後差で立体感を出した身ごろやすっきりとしたボートネックなど、ディテールのつくりが計算され、カジュアルになりすぎることもありません。

洗うごとに風合いが出て自分の肌になじみ、長く着られる1枚となってくれます。

>>このサーマルカットソーが欲しい

タイトにスマートに、自然な着こなしを

DRESSTERIOR / 18,360円(税込)

ボリュームのあるボトムスと合わせるなら、細身のシルエットを選べば、カジュアル色が強くなりすぎずエッジィな着こなしが完成。

「DRESSTERIOR(ドレステリア)」のサーマルは、肩を落としたドロップショルダーや手首リブが分厚めのほっそりとしたスリーブラインで、女性らしく見えるように細かい部分が計算されています。

さらに、裾が前よりも後ろがやや長めなテールカットになっていて、ウエストアウトでももたつく心配はなし。洗練されたバランスに仕上げてくれます。

>>このサーマルカットソーが欲しい

便利すぎ。2枚めの買い足しはブラックで

URBAN RESEARCH / 6,480円(税込)

ホワイトだけでなく、ブラックでも使いやすいのがサーマルカットソー。

シックさとカジュアルさを両立するブラックのサーマルがあれば、普段の着まわしに活躍してくれること間違いなし。

強くクールな印象になる「URBAN RESEARCH(アーバン リサーチ)のブラックは、袖がふんわりしているデザインをセレクトして、シルエットでかわいらしさをプラスするとこうバランスです。

>>このサーマルカットソーが欲しい

どんな日でも着られるし、どんなボトムにも合わせられる。

そんな定番をひとつ持っているととても心強いです。

こちらも読まれています

・露出少なめ。素肌になじむ色。夏の媚びない水着選び

・二の腕のブツブツ治したい...。女医に聞いた、正しいお手入れの仕方 #sponsored

・「ムダ毛処理は最低限に」...。背中のブツブツケア5か条 #sponsored