米海軍の原子力潜水艦「シャイアン」=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】米海軍の原子力潜水艦「シャイアン」が韓国・釜山に入港し、韓国海軍と合同訓練を行う。5日、軍の消息筋が明らかにした。

 同消息筋によると、ハワイ真珠湾を母港とするシャイアンは先月初めに佐世保に入港し、6日午前10時ごろ、釜山基地に入港する。
 シャイアンは水中での速度と隠密性、攻撃能力が強化された新型に分類される潜水艦で、搭乗人数は約130人。潜水艦や水上の艦隊、陸地への攻撃が可能で、特殊戦の兵士の運搬や機雷の敷設なども遂行できる。 
 また攻撃精度が高い巡航ミサイル「トマホーク」を搭載しており、朝鮮半島全ての海域から北朝鮮の重要施設を攻撃することができる。そのため同潜水艦が朝鮮半島周辺に停泊しているという事実だけで、北朝鮮の核・ミサイル挑発を抑止する効果が期待される。
yugiri@yna.co.kr