画像提供:マイナビニュース

写真拡大

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、22〜59歳のビジネスパーソン5,031人を対象に「転職したい会社」を調査し、「DODA転職人気企業ランキング2017」としてまとめた。

2017年の転職人気企業ランキングは、1位がトヨタ自動車、2位がグーグルとなり、3位のソニーに大きく差をつけた。

1位のトヨタ自動車は、2016年10月にインターブランドが発表した「世界ブランドランキング」でアジアブランド初の5位にランクイン。さらに2017年2月の「グローバル日本ブランドランキング」でも1位となっており、こちらは9年連続で首位をキープしている。投票者からは「日本を代表する企業で働きたい」「世界のトヨタで働きたい」「生産性の高い仕事を学んでみたい」「トヨタ式の働き方を体感したい」などの声が寄せられた。

このほか、ランキング上位には、グーグル(2位)、楽天(6位)、Apple Japan(8位)、ヤフー(11位)、アマゾン ジャパン(16位)、ソフトバンク(19位)、日本マイクロソフト(20位)などの大手IT企業が並んだ。同調査によると、これら企業は「働き方改革」を推進しているという。

例えばヤフーは、社員食堂で健康的な食事の提供を開始したほか、自転車通勤や新幹線通勤を解禁。週休3日制の実現にも意欲的だ。ソフトバンクはコアタイムを撤廃し、柔軟に勤務時間を調整できる「スーパーフレックスタイム制」や「プレミアムフライデー」など新しい人事制度の導入を発表。日本マイクロソフトは、ビッグデータやAIを活用した働き方改革に取り組んでいるという。