柏で輝き放つGK中村航輔「代表でも自信を持ってやっていきたい」《国際親善試合》

写真拡大

▽日本代表は5日、7日に行われるシリア代表戦との国際親善試合に向け、試合当日の会場となる味の素スタジアムで調整に入った。

▽練習終了後、GK中村航輔(柏レイソル)がメディア陣のインタビューに応対。GK川島永嗣(メス/フランス)、GK東口順昭(ガンバ大阪)の両GKとの練習に「このタイミングで見れて良かった」と語り、代表の中でも「自信を持ってやっていきたい」と意気込んだ。

◆GK中村航輔(柏レイソル)

──初めてのA代表

「色々と初めての経験だったので良かったと思う」

──他のGKにアピールしたい特徴

「川島(永嗣)選手、東口(順昭)選手ともにシュートを止める能力が高い。自分も何とか負けないように頑張りたい。(ポジショ二ングやレスポンスの部分は?) 統合的に」

──川島選手、東口選手との練習を経て

「本当に勉強になる。日頃、間近で見れない選手なので、このタイミングで見ることができて良かった」

──代表でのトレーニング

「慣れてない場所でのトレーニングなので、いつものリズムではないけど、それでも自分に自信を持っって、しっかりとやっていきたい」

──外国人GKの下でのトレーニング

「外国人GKコーチとやるのは初めてのことではないので、日本人GKコーチとの違いもわかっているつもり。何とか2人のGKコーチが伝えたいことをしっかりと吸収できれば」

──代表での挨拶

「させていただきました」

──みんなの反応

「しっかりと挨拶を返してもらった」

──この2試合、特にW杯予選のイラク戦でプレーするイメージ

「試合に出たときはいつもどおり、結果を追い求めていきたい」