「アイドルドラマ工作団」メンバー、タイトル曲「Deep Blue Eyes」14日公開…B1A4 ジニョンの作詞・作曲に高まる期待

写真拡大

KBSの新概念バラエティ番組「アイドルドラマ工作団」のタイトル曲が、音楽配信サイトを通じて発売される。

5日「アイドルドラマ工作団」側によると、14日午後6時、各音楽配信サイトを通じて、番組の中のドラマ「花道だけ歩こう」のタイトル曲「Deep Blue Eyes」の音源が正式発売される。

「Deep Blue Eyes」はこれに先駆けて、“ジントーヴェン”ことB1A4のジニョンが作詞・作曲に参加して話題を集めたミディアムテンポのハウスジャンルの曲で、MAMAMOOのムンビョルとSONAMOOのディエナがラップメイキングを手がけるなど、人気アイドルたちが勢揃いし、さらに期待を高めている。

先月29日、NAVER TVとV LIVEを通じて初放送された「アイドルドラマ工作団」は、Red Velvetのスルギ、I.O.I出身のチョン・ソミ、MAMAMOOのムンビョル、C.I.V.Aのキム・ソヒ、OH MY GIRLのユア、LOVELYZのスジョン、SONAMOOのディエナで構成されたガールズグループメンバー7人が台本を書いて演技をする韓国初のドラマミッションバラエティ番組だ。

メンバーたちが制作に参加して実際のドラマ「花道だけ歩こう」が誕生し、ドラマの中のガールズグループアベンジャーズ“隣の家の少女”を結成したメンバーたちが歌ったタイトル曲の実際の音源発売と共に、7日Dal★Shabetのスビンを皮切りに、ラッパーのGRACE、歌手ユ・ソンウンが参加したドラマOST(劇中歌) も順を追って公開される予定だ。

現在第3話まで公開された「アイドルドラマ工作団」は、ガールズグループメンバーたちのリアルストーリーが楽しさと共感を与え、ウェブバラエティのデイリー人気動画にメンバーたちの映像がすべて上位にランクインされ、動画の再生回数も公開と同時に1位になるほど、関心を受けている。

本日(5日) の第4話では自身たちのストーリーで自己制作ドラマの制作を決定したメンバーたちが仮想のストーリーを練りあげ、劇中の登場人物のキャラクターと仮想のグループ名、楽曲、グループのキャッチコピーなどを検討しながら細かく初の台本会議を行った。

ウェブで先に配信を始めた「アイドルドラマ工作団」は10日、KBS N、KBS WORLDチャンネルでもオンエアされる。