SS501 キム・キュジョン、日本ファンミーティングが盛況裏に終了…多彩なステージでファンを魅了

写真拡大

SS501のキム・キュジョンが日本プロモーションを盛況裏に終えた。

キム・キュジョンは3日、ソロファンミーティング「2017 KIM KYUJONG SPECIAL FANEVENT」〜キュジョンと一緒にソウル散歩〜 を開催し、日本のファンと意義深い時間を過ごした。

今回のファンイベントはキム・キュジョンの1stシングル発売後、日本で行う初のファンサイン会だっただけにたくさんのファンが集まり、キム・キュジョンのグローバルな人気を実感させた。キム・キュジョンは当日現場を訪れてくれたファンに惜しみない愛情を注ぎ、ファンは熱烈に歓呼した。

続けて東京ヤクルトホールにて行われた単独ファンミーティングではライブ公演をはじめ、ゲームとファンが気になる質問に答える質問時間など多様なコーナーを設け、現地のファンとより近くでコミュニケーションし、意義深い時間を過ごした。

特に今回のファンミーティングでは、これまで見せてきたダンスパフォーマンス中心のステージとは異なり、今回のシングルのタイトル曲「こんにちは、春」と収録曲「風」を披露し、アコースティックな感性で 公演会場を埋め尽くした。甘いピアノの演奏が際立つ「Story」のステージを最後に熱い歓声の中でファンミーティングの幕を下ろした。

所属事務所CI ENTは「キム・キュジョンが日本プロモーションを盛況裏に終えました。2日間一緒にしてくださった多くの日本のファンの皆様に心より感謝し、これからもよい公演をお見せするため頑張りますのでたくさん応援してください。そして22日から行われるキム・キュジョンの単独コンサートにもたくさん期待してください」と伝えた。

キム・キュジョンは22日より ソウル麻浦(マポ) 区弘大(ホンデ) ローリングホールにて単独コンサート「春と夏の間」を開催する予定だ。