Brown Eyed Girls ガイン、一連の大麻捜査関連にコメント「警察の調査を受けてくる」

写真拡大

Brown Eyed Girlsのガインが、警察の大麻捜査について言及した。

5日、ガインは自身のInstagramに「勧誘してきたのは事実ですが、本人は絶対(勧誘) していないということなので、それはその方に対応してほしいです。パニック障害の私がなぜ警察署まで? 疲れる」と書き込んでいたが、後半の一文は削除して「警察の調査を受けてくる」と修正文を投稿した。

同日、ソウル地方警察庁広域捜査隊の麻薬捜査チームは、ガインがSNSでコメントしたパク氏について捜査すると明かした。警察は協力のためにガインも召喚することも検討している。

4日、ガインは恋人であるチュ・ジフンの友人が、自身に薬物を勧誘してきた内容のメールを公開。「私は誰よりも堂々と生きてきた。今後も合法になるまで大麻なんか。すでに合法モルヒネを投与しているから。君達も悔しかったら吸引して刑務所に行くか、死ぬほど痛いモルヒネを飲むか、勝手にしろ。でも私を大麻に誘ったらその時は容赦しない」と強硬に対応していた。