株式会社ブックウォーカーは、6月2日、総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」において「2017年春アニメ 急上昇ランキング」を発表した。マンガ、ライトノベル、文芸のアニメ化作品を対象に、放映が開始された4月から人気が大きく上昇した作品を取り上げている。「2017年春アニメ 急上昇ランキング」は、BOOK☆WALKERでの売上額を元に、アニメ放映期間中に人気が急上昇した原作作品をランキング形式でまとめたものだ。ライトノベル原作ものが多かった2017年春のアニメ作品だが、上昇率トップスリーはいずれもコミック原作のものであった。

1位に輝いたのは、天使のアイテム“キスノート”をめぐる抱腹絶倒のラブコメディ「恋愛暴君」。2位はほのぼの系少女達が演劇に取り組む「ひなこのーと」。3位には人気作「NARUTO」の続編となる「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」と、バラエティに富んだコミック作品が並んでいる。

4位以降では、コミックでも大ヒットとなった「アリスと蔵六」や、「エロマンガ先生」「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」といったラノベ人気作が上位にランクイン。定番作品と新興勢力が折り重なる結果となった。

なお、月間売上ランキングでは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」「幼女戦記」など、2016年度以前にアニメ放映されたヒット作が並んでおり、今回の急上昇ランキングに入った新興作品にも注目が集まるところだ。発表資料
URL:https://bookwalker.jp/ex/feature/2017spring-animerank/?adpcnt=7qM_N3f
2017/06/05
▷こちらもおすすめ

あっ!と驚くAdobeのツール系 スマホアプリ【まとめ編】

 

アイ・オー、11ac対応で5GHz専用の小型無線LAN子機を発売

 

上海問屋、点描画を早く描けるUSB充電の電動ドットペンを発売