思わずドキッ!男ウケ最強の“女性らしいギャップ”を演出するための必須アイテム5つ

写真拡大

「いつもとは違う自分の姿を見せて、彼をドキッとさせたい!」なんて、思ったことはありませんか?
今回は、男性ウケ抜群の女性らしい“ギャップ”を演出するアイテムをご紹介します。
ぜひ、大好きな彼とのデートに持っていってみてくださいね!

●(1)ハンカチ&ティッシュ

『突然の鼻血とかにサッとティッシュを出されると「できる子だ……」とキュンとしちゃいます』(27歳/飲食)

普通の持ち物のようですが、やはりデートなどでは持っていた方が良いでしょう。
普段はそこまで女らしくないタイプの彼女が、サッとハンカチやティッシュを取り出したら、彼氏はギャップにドキッとしてしまうハズ!

その際、ハンカチは女性らしい大人っぽいデザインのものを、ティッシュは可愛いティッシュケースに入れるとさらに○です。

●(2)ヒールの高い靴

『普段スニーカーばっか履いてるような子がたまにヒールを履いてくると、見慣れない女性らしさにドキドキしちゃいますね』(26歳/広告)

ヒールの高い靴って、歩きづらいし足は痛くなるしで、普段は履かないという人も多いのではないでしょうか。
でも、大好きな彼と会うときくらいは、たまにはヒールの高い靴を履くのも悪くありません。
ヒールの高い靴はスタイルを良く見せる効果 があるので、いつもとは違うスラッとした体形のあなたに彼もドキドキしてしまうはずです。

●(3)折り畳み傘

『突然雨が降った時に折り畳み傘を出されたら「デキる子」認定しますね。事前準備をしっかりしてる子なんだなと好印象です』(33歳/印刷)

折り畳み傘を持っていれば、急な雨が降ってきたときに、バッグからサッと取り出して彼と相合傘……なんてことも出来ちゃうかも。
ちょっとかさばるかもしれませんが、最近はかなりコンパクトな折り畳み傘も売られています。
デザインもオシャレで可愛らしいものを選べば、さらに彼とラブラブな雰囲気になれる こと請け合いです!

●(4)ソーイングセット

『取れかけのボタンをその場でサッと直してくれた時はドキドキしましたねぇ』(28歳/マーケティング)

ソーイングセットを持ち歩いている女性は少ないと思いますが、だからこそ女性らしいギャップを演出するのにぴったりなアイテムです。
デート中に彼の服にほころびがあったときに、彼女がソーイングセットを使って直してくれたら、「おお、女子力高い!」と彼は思うでしょう。
なかなか他の女性が持っていないアイテムだからこそ、ここぞというときに取り出して女子力を演出しましょう。

●(5)絆創膏

『女の子に絆創膏を貼ってもらえるというシチュエーションがもうたまらない』(33歳/メーカー)

女性らしいギャップを演出するために、絶対持っておきたいアイテムの一つが絆創膏です。
彼がちょっとした怪我をしたときに、彼女が優しく絆創膏を貼ってくれたら、キュンとしない男性はいない でしょう。

絆創膏を持ち歩いている男性は少ないと思うので、それがさらに女性らしさにつながります。

----------

男性ウケ抜群の、女性らしい“ギャップ”を演出するアイテムをご紹介しました。
ふとした瞬間のギャップに弱い男性は多いので、女性らしいアイテムを使って彼をますますドキドキさせちゃいましょう!

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)