SEVENTEEN、デマ&悪質な書き込みに法的措置…「これ以上見過ごせない」

写真拡大

SEVENTEENが虚偽事実の流布と悪質な書き込みに対する法的措置を取る。

5日午後、SEVENTEENの公式サイトには「当社は本日からネット上に広がっているSEVENTEENとSEVENTEENの各メンバーに対する虚偽事実と悪質な個人攻撃性の誹謗、コメント、書き込み及びそのコピー、流布などを通じた拡大再生産行為など、SEVENTEENとSEVENTEENの各メンバーの権利と名誉を毀損する行為が、容認できる限度を超えてこれ以上見過ごせないほどに至ったと判断し、これに対して法的措置を進めることをお知らせします」と告知した。

また「当社は所属アーティストSEVENTEENの権益保護とSEVENTEENを支持するファンたちのために、本件不法行為に対して厳正に法的対応を進め、これ以上被害が発生しないよう積極的な努力を尽くします」と、このような措置を決定した理由を伝えた。

また「当社は関連の法務法人ウンユル(EYP) と共に、告訴及び告発の手続きに着手し、捜査の過程で明らかになった不法行為者を相手に、民事・刑事上損害賠償の請求も並行する」とし、「今後発生するすべての不法事例に対しても例外なく法律的な措置を取り、厳正に対応することをもう一度お伝えします」と強調した。