イ・ギョンギュ、SUPER JUNIOR ヒチョルについて言及「僕の30代を見ている気がする」

写真拡大

イ・ギョンギュがSUPER JUNIORのヒチョルを見て、自身の30代を見ている気がすると伝えた。

5日午後、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ) 区新館ウェディングホールにて行われたKBS 2TV新バラエティ番組「鍋敷き」の制作発表会にチェ・スンヒプロデューサー、イ・ギョンギュ、アン・ジェウク、ヒチョルが参加した。

多数の番組でヒチョルと“トラブルケミ(ケミストリー、相手との相性)”を披露して来たイ・ギョンギュは「ヒチョルが嫌いだった時はない。一番好きな後輩であり、一緒に放送してみたら僕と呼吸が良く合う。僕の30代を見ている気がする。個人的に好きだ。また、いつかは嫌いになるかもしれないが、今は好きだ」と付け加え、笑いを誘った。

これを聞いていたヒチョルは「イ・ギョンギュ先輩に感謝しているのが、先にコメントする人よりは、受け入れてくれる人が大事だと思う。『知ってるお兄さん』でも『一食ください』でも、常に僕がコメントしても全部受け入れてくれるイ・ギョンギュ先輩の姿を見て、たくさん学びたいと思った」と話した。

また、「鍋敷き」はスターが自身のユニークな私生活を本の中に盛り込むリアルバラエティ番組で、自身が直接選定したテーマといろんな関心事、趣味、特級私生活を一冊の本に作るため孤軍奮闘する過程を描く予定だ。韓国で6日の午後11時10分に初放送される。