ソ・ガンジュン、神戸ファンミーティングを成功裏に終了…2千人のファンとの“熱い夜”

写真拡大 (全3枚)

ソ・ガンジュンが今回も日本列島を熱くした。

ソ・ガンジュンの所属事務所ファンタジオ(Fantagio) は「3日、ソ・ガンジュンが神戸にある神戸国際会館・こくさいホールでファンと交流した」と伝えた。

今回の神戸ファンミーティングは、3月に全席完売となった千葉ファンミーティングに続き、ファンの熱い声援を受けて追加開催されたファンミーティングであったため、さらに意味深い。現場では約2000人のファンが会場を埋め尽くした。

華やかなピンク色のスーツ姿でステージに登場したソ・ガンジュンは、まず映画「ラ・ラ・ランド(LA LA LAND)」のOST(劇中歌) である「City of Stars」をピアノで演奏し、オープニングを飾った。演奏を終えたソ・ガンジュンは、単独ファンミーティングとしては初めて神戸を訪れたにもかかわらず現場を埋め尽くしたファンに感謝の挨拶を伝えてファンミーティングの幕を開けた。

ソ・ガンジュンは現地で大きな反響を得ているドラマ「アントラージュ〜スターの華麗なる人生〜」に関する話や嘘発見器トーク、ファンの質問トークなどのコーナーで率直でウィットのあるトークの才能を思う存分披露し、ファンに笑いを届けた。

ファンとソ・ガンジュンの距離をさらに縮めるコーナーも続いた。千葉ファンミーティングで大きな関心を受けた「絵当てゲーム」は、アップグレードしたソ・ガンジュンの絵の実力が観客を驚かせた。「チャレンジ ソ・ガンジュン」ゲームでは「テーブルクロス引き」「障害物競走」「ダンシングクイズ」などを行い、ファンとより一層近くで交流の時間を過ごした。

特に「ダンシングクイズ」コーナーで、ソ・ガンジュンは「もう踊らなくてもいいです」というMCの言葉を聞き取ることができず、真剣な表情でダンスを続けて会場を爆笑させた。どんなコーナーでも一生懸命なソ・ガンジュンの姿がファンの視線を独占し、感動を与えた。

トーク、ゲームなどとともにZion.Tの「Eat」、ドラマ「鬼<トッケビ>」のOSTであるCRUSHの「Beautiful」、ジョン・パクの「Thought Of You」を熱唱し、公演を成功させたソ・ガンジュンは、公演が終わった後もファンが帰るのを見守って挨拶し、サイン会、ポラロイドイベントなどを行って約4時間に渡ってファンとの時間を過ごした。

ファンミーティングを終えたソ・ガンジュンは「神戸に単独ファンミーティングのために来たのは初めてだったが、こんなにたくさんの方が来てくださってとても驚いた」とし、「ファンのみなさんと一緒で逆に(僕のほうが) 大きなエネルギーをもらったと思う。いつも感謝し、近いうちに素敵な作品で応えたい」と感謝の感想を述べた。

現地の関係者は「ソ・ガンジュンはいつも変わりなく、また毎回新しい姿で日本のファンの大きな反響を得ている」とし、「現地でソ・ガンジュンが出演した作品はすべていい反応があり、早くから次の公演を楽しみにしているファンも多い。韓流ブームの主役の一人として、今後の活躍が眩しいとみられる」とコメントした。

今年2度目の日本ファンミーティングを盛況のうちに終え、止まることなく韓流ブームをつなげているソ・ガンジュンは、現在新しい作品の準備に拍車をかけている。