「やさしい」機能とデザイン性を両立したモデルの新型

写真拡大

ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は、電動アシスト自転車「PAS SION(パス シオン)」2017年モデル2機種を6月13日に発売する。

乗り降りしやすい専用設計

「PAS SION」は、初めて電動アシスト自転車に乗る人からシニアまで、自転車に乗れる人なら誰でも扱いやすいシンプルな機能と、乗り降りしやすい専用設計の低床フレームを採用。実用性とデザインを兼ね備えたコンパクトモデルだ。

「PAS SION-U(ユー)」12万960円は、シリーズ中最も低いサドル高を実現。足つき性が高く、またぎやすい低床U型フレームが特長の20型モデルだ。「PAS SION-V(ブイ)」12万2040円は、直線的でシャープな印象のV型低床フレームを搭載した24型モデルになっている。

機能面では見やすさと使いやすさにこだわって新開発した「液晶かんたんスイッチ」を搭載。満充電時のバッテリー残量表示をアルファベット表記から3桁の数字(100%)に変更したことで、わかりやすさがアップしている。また、リチウムイオンバッテリーの容量が、8.7Ahから12.3Ahに約40%アップしており、走行距離が伸長した。

「PAS SION」シリーズならではの特長はそのまま、さらに便利な機能をプラスし軽やかさと扱いやすさのベストバランスを追求した仕様だ。

価格はいずれも税込。