イギリス・マンチェスターで5月22日に発生した爆破テロを受け、チャリティコンサート「One Love Manchester」の開催を発表していたアリアナ・グランデ。発表から数日後の開催、また5万人を動員できる会場にもかかわらずチケットは数分で完売。さらに、集まったアーティストたちも呼びかけから1週間で開催された上に、ロンドンでのテロが発生したばかりで警察の「テロ警戒レベルは深刻で、攻撃の可能性は高い」と発表があったにもかかわらず、多くの著名ゲストが参加。そんな観客とアーティストが一致団結して行われたコンサートが4日(現地時間)に開催され、とても感動的なものとなった。

One Love Manchester

コンサートのゲスト

▽イギリスのグループ

コンサートは黙とうから始まり、イギリスのバンド「マムフォード・アンド・サンズ」がオープニングを飾った。その次はマンチェスターで結成されたグループ「テイク・ザット」、グループの元メンバーのロビー・ウィリアムズが別々でパフォーマンスを披露。

観客は「For Our Angels=天使たちのために」と記されたメッセージボードを手にして参加。

「リトル・ミックス」も力強い歌声を披露。

▽ファレル・ウィリアムス&マイリー・サイラス

「マンチェスターの力を世界に見せつけて!」と観客に呼びかけながら登場したファレル・ウィリアムスは「Get Lucky」を披露。さらに観客に敬意を表する動きをし、このように話した。

「イギリスで様々なことが起きているのに、ここにいる皆さんからは一切恐怖を感じません。皆さんは愛、テロへの対抗、そしてポジティブな心でいっぱいなのです」

マイリー・サイラスが登場し、世界的に大ヒットしたファレルの「ハッピー」をデュエット。

マイリーは「人間が持つ地球上で最も重要な責任は、お互いの面倒を見て、大事にすることだと思います。今日も見てください。本当に素晴らしいですよね」と語った。

さらにマイリーは涙をこらえながら新曲「Inspired」を披露した。

▽「1D」のナイル・ホーラン

「ワン・ダイレクション」のナイルは「Slow Hands」と「This Town」を披露。

「皆さんの結束力はまさに目を見張るほど美しいものです。皆さんは世界から愛され、見守られています」とマンチェスターへメッセージを送った。

▽アリアナ・グランデ

ついにアリアナが登場。ダンサーたちと手を取るポーズから始まり、「Be Alright」と「Break Free」のパフォーマンス後には「マンチェスター、愛してるわ!」と声をかけ、感極まった様子だった。

この日は幾度にも渡ってパフォーマンスを披露したアリアナ。中でも感動的だったのは子供達の合唱団と「My Everything」を歌った一幕だった。1人の女の子の手を握りながら歌い、彼女が途中泣き出した時には肩を抱き寄せた。

また、マイリー・サイラスや「Black Eyed Peas」と共に歌を披露することも。

アリアナはMCで犠牲となったファンの家族に会ったことを明かし、このように当時の状況を話した。

「数日前に犠牲者の1人オリビアのママと会うことができたの。私は泣きながら彼女をハグしたら、オリビアは私の泣いているところを見たくないから泣き止んでほしいと言われたわ。それだけじゃなくて、オリビアはきっと私にヒット曲を歌ってほしがっている、とも教えてくれたの。だから元はまったく違うショーをプランしていたんだけど、昨日のリハーサルで全部変更したのよ」
また、「皆さんが見せてくれている結束力や愛こそが、今、世界が必要としている薬なんだと思います」とも話した。

▽ケイティ・ペリー

「大声を出す準備はできてる? 私たちを黙らせることはできないわ!」と言い、「私の魂は壊れない」と歌う「Part Of Me」や応援歌として知られる「Roar」を捧げた。

▽ジャスティン・ビーバー

ジャスティンはギター1本で歌を披露。観客へは力強いメッセージを発信。

「僕を招いてくれてありがとう。皆さんは勇敢です。今日こうして集まっていることは素晴らしいことですよね。愛が必ず勝ちますよね? 悪には悪で戦うのではなく、善で戦うことがいいと、皆さんも思いますよね」

またパフォーマンスの途中、涙ながら会場へこう訴えた。

「犠牲になった人や家族を称えるため、みんなで両手を挙げましょう。こう言って。『あなたを称えます。あなたを愛します』。今日は本当にありがとう」

▽「コールドプレイ」

イギリスのバンド「コールドプレイ」は「オアシス」の名曲「Don't Look Back In Anger」を歌った。この曲は以前マンチェスターでテロ後に捧げられた黙とうでの直後に、その場にいた人たちが合唱したためイギリスの「テロに屈しない」という思いを表す曲となった。

▽コンサートの終盤

終盤でアリアナは、テロが起きた日のライブのアンコールで披露した「One Last Time」を歌った。ラストは『オズの魔法使い』の「Somewhere Over The Rainbow」を歌い、涙を流しながら3時間以上にも及んだステージを去った。

同コンサートでは、およそ200万ポンド(約2億8000万円)の売り上げがあり、このすべてが寄付されるそう。さらに、「One Last Time」はチャリティソングとして再リリースされており、売上金が被害者支援のための「We Love Manchester Emergency Fund」に寄付されることに!

チャリティコンサートの模様はYoutubeでもライブ配信され、現在も動画が投稿され続けているので、こちらもチェックしてみて!

被害者の1人であるアリアナが被害者支援のために開催したチャリティコンサート。きっと5万人の観客や生中継を見ていた人たちはアリアナや豪華なアーティストによる心のこもったパフォーマンスに勇気づけられたに違いない。