メイム・ビアリク&ジョッシュ・ギャッド

写真拡大

英国ロンドンの象徴とも言えるロンドン橋などで6月3日(土)に起こった襲撃事件。その直後にトランプ大統領が掲載したツイートに対し、セレブから怒りのメッセージが届いている。米Entertainment Weeklyらが報じた。

ロンドンのカーン市長は、4日(日)BBCにて放送されたインタビューで、「ロンドン市民は、本日から数日間、さらに増員された多くの警官の姿を見かけるだろう。よって、怖がる必要はない」と答えた。だがトランプ大統領はその一部だけを抜粋し「少なくとも7名が死亡し、48名が負傷したテロ襲撃事件に対して、カーン市長は"怖がる必要はない"と言っている!」とツイート。

カーン市長の報道官は、「市長は一部だけを抜粋した偽情報の投稿に反論する時間はない。警察や救急隊、政府と連携を密に取り、今回の嘆かわしい、そして臆病者のテロリストたちの攻撃に対して、ロンドン市民や観光客が安心できるよう最善を尽くしている」と反論した。するとトランプ大統領は、「銃の規制の話がでてないだろう?なぜならテロリストはナイフとトラックを武器にしていたからだ」と、銃の規制はテロとは関係ないと示唆する形で話を変え応戦している。

それに対し投稿されたスターたちのツイートをご紹介しよう。

・J・K・ローリング(『ハリーポッター』シリーズ原作者)
「ドナルド、これがリーダーシップというものよ。通報のわずか8分後にテロリストは殺されたわ。人騒がせなほら吹きさんがいるときは、呼ぶから」

・メイム・ビアリク(『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』)
「トランプ大統領、あなたは何もわかっていませんね。知ったかぶりが良くできること。もうなんていうか。飲まないとやっていられないわ。あなたは大統領にふさわしくありません。私たちの大統領だなんて本当に残念で、泣けてきます」

・ジョージ・タケイ(『スター・トレック』シリーズ)
「想像してみてほしい。もしあのテロリストたちが規制のない中で、容易に銃を所持でてきていたら。トランプ大統領、カーン市長は、"警察などが警備を強化しているから、怖がらなくて良い"と発言したんです。ウサギのような小さな脳みその悪者さん。落ち着いて座りなさい」

・クナル・ネイヤー(『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』)
「トランプ大統領、想像してみてください。もしテロリストが1分間に100人を撃てるセミオートマチックの機関銃を持っていたら」

・ジョッシュ・ギャッド(『美女と野獣』)
「皆さん、我々アメリカ人の多くは恥ずかしく思っていることを理解してください。恥ずかしいし怒りに満ちており、また気分が悪いと思っていることを。ですが、アメリカがトランプというわけではありません。アメリカは、トランプではなく皆さんが見ている我々アメリカ国民の行動そのものなのです」

(海外ドラマNAVI)