PGAツアーチャンピオンズのプレジデント、グレゴリー・マクローリン氏(撮影:小路友博)

写真拡大

日本で初めて開催される米国PGAツアーチャンピオンズ公式トーナメント、「JAL選手権」。その舞台となる千葉県の成田ゴルフ倶楽部で5日(月)、PGAツアーチャンピオンズのプレジデント、グレゴリー・マクローリン氏が記者発表会を行った。
国内シニアからは、やっぱりこの人が最有力!?
この大会の出場人数は68人、そのうち8人が招待選手。この試合の前週に行われる国内シニアツアー「コマツオープン」の優勝者が招待されることに決まっており、残りの7人は大会委員会で現在協議中だという。
この日、マクローリン氏からメジャー通算8勝のトム・ワトソン(米国)、トム・カイト(米国)、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)、コリン・モンゴメリー(スコットランド)、ジョン・デーリー(米国)らの出場が発表され、「彼らも大会を心待ちにしている」(マクローリン氏)とのこと。
この試合の前週はカナダで試合があるが、冠スポンサーの日本航空株式会社がチャーター便を飛ばし、選手や選手の家族、関係者をまとめて日本につれてくる予定だという。「選手のご家族も来日を非常に楽しみにされていると聞いています」(日本航空・国際路線事業本部長 米澤章氏)、初の日本開催はチャンピオンズツアーでかなり期待をされているようだ。
開催日程は9月8日〜10日。成田で世界のレジェンドがどのようなプレーを見せてくれるのか、ゴルフファンには見逃せない3日間になりそうだ。
【出場が発表された選手】
トム・ワトソン(メジャー8勝・米ツアー通算39勝)
トム・カイト(メジャー1勝・米ツアー通算19勝)
ベルンハルト・ランガー(メジャー2勝・米ツアー通算3勝・欧州ツアー通算42勝)
コリン・モンゴメリー(欧州ツアー31勝)
ジョン・デーリー(メジャー2勝・米ツアー通算5勝)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

悪童ジョン・デーリーが米シニアで初優勝!黒髪美女と熱烈キス
涙と笑顔のラスト・マスターズ トム・ワトソンの“不滅の輝き”
松山英樹と最終日同組 58歳ランガーが貫くもの
連覇を狙うモンゴメリー!日本勢は倉本ら3人出場「全米シニアOP」
片山晃の新レッスン「50歳でなぜ250ヤード飛ばない?」