ベッカムが粗野な兵士役に挑戦 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 「シャーロック・ホームズ」「コードネーム U.N.C.L.E.」で知られるガイ・リッチー監督が、中世の騎士道物語を独自解釈を加えて映画化した「キング・アーサー」の新たな本編映像が公開された。主人公のアーサー(チャーリー・ハナム)が岩から聖剣エクスカリバーを引き抜き、王の後継者であることを示す重要シーンとなる。

 イングランド王の父ユーサー(エリック・バナ)が暗殺され、スラムで育った息子アーサーが、エクスカリバーを手に入れ、両親のかたきである暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)に挑むさまを描く。

 エクスカリバーに手をかけたアーサーは、壮大なパワーが流れ込んでくるのに気づき、驚きの表情を浮かべる。その後、エクスカリバーを両手でつかみ力をこめると、剣はアーサーに呼応するかのように神々(こうごう)しく光り始め、アーサーは兵士たちが見守るなかエクスカリバーを一気に引き抜く。元サッカー選手のデビッド・ベッカムが兵士役で登場し、アーサーをにらみつけて「さっさと剣の柄(つか)を握れ」と吐き捨てるなど従来のイメージとは異なる粗野な姿をさらしている。

 「コードネーム U.N.C.L.E.」に続きベッカムを起用したリッチー監督は「僕たちの子どもが一緒に学校に通っているんだ。パブで魚釣りのことを話していて、ビールを数杯飲んだあと、どういうわけか彼が映画に出ることになった」と本作での起用理由を語る。「ただ、彼を格好よく見せたくなかったんだ!」とベッカムの役どころへのこだわりについても語っている。

 「キング・アーサー」は、6月17日から全国公開。