Photo by cinemacafe.net

写真拡大

2000年にクランクインするも、度重なる災難に見舞われ何度も製作中止・延期になってきたテリー・ギリアム監督作の『ドン・キホーテを殺した男』。2002年にはドキュメンタリー映画『ロスト・イン・ラ・マンチャ』が製作され、『ドン・キホーテを殺した男』の製作がなぜ行き詰ってしまったのかという顛末が描かれている。
製作初期段階ではジャン・ロシュフォールやジョニー・デップがキャストに名を連ねていたが、昨年キャストを一新し、モンティ・パイソンのマイケル・ペイリンと『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバーを中心に据え撮影を再開することが発表されていた。

そして今日、ギリアム監督自らが『ドン・キホーテを殺した男』の撮影が終わったことをFacebookの公式ページで報告した。「長い間、音沙汰なしでごめんね。トラックのパッキングで忙しくて。これから家に帰るよ。17年の時を経て、ついに『ドン・キホーテを殺した男』の撮影が完了したんだ。すべてのチーム、そして信じてくれた人たちに感謝している」。監督のFacebookは2月28日(現地時間)から更新が途絶えていたが、同作の製作に専念していたようだ。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
ディズニー、「ドン・キホーテ」を映画化へ
次世代のカンバーバッチとなるか!? 海外ドラマの新たな主人公に注目!
テリー・ギリアム監督最新作の舞台は『マトリックス』のような世界!?
『ハリポタ』ファン制作のヴォルデモート主演映画、ワーナー公認に!?
トム・ホランド、『スパイダーマン』撮影中に“顔を殴られる”アクシデント!