朝は洗顔しないは間違い? 正しい洗顔をドクターが伝授【前編】
誰もがやっているけれど、実は案外知らない「洗顔の方法」。自己流の洗い方で肌を傷めたり、トラブルを招いている可能性も。「では、どうやってどんなアイテムで洗顔すればいいの?」という素朴な疑問を、最先端を知る美肌ドクター「銀座ケイスキンクリニック」院長の慶田朋子先生におうかがいしました。
Q1.メイクを落とすには、クレンジングじゃなくちゃダメ?
A1.基本的にはクレンジングがマストですメイクには油分が含まれるので、きちんと乳化させる必要があります。そのためにも、基本的にはクレンジングすべき。「特に夏場は下地もファンデーションもお粉も崩れにくい処方になっていますから、洗顔料では落ちにくいことが。オイルでもジェルでもクリームでもいいのですが、メイク汚れを落とすためのクレンジングは使うほうがベターです」(慶田先生)
ただ、最近のミネラルコスメなど「洗顔料だけで落ちる」というタイプのメイクはクレンジング不要なことも。また、石けんで落とせる日焼け止めにお粉を重ねただけ、というような日は洗顔料でもOK。どんなメイクをしたのかに合わせて、クレンジングを使うか判断しましょう。
Q2.濡れた手でクレンジングってダメ?
A2.乳化しなくなるので基本的にはNGお風呂場でさっとメイクを落としたいけれど、そういえば「濡れた手でクレンジングはダメ」という噂も......。慶田先生によれば「クレンジングは、メイク汚れ(油分)をクレンジング剤(油分)に溶かし出し、それを乳化させて落とす仕組みです。ですから、始めから手が濡れていると乳化しにくくなり、汚れ落ちが悪くなります」。濡れた手でもOKという製品は違う仕組みなのでお風呂場で使っても大丈夫だけれど、基本的には乾いた手で使うのがおすすめだそう。無精せず、洗面所などでメイクをクルクルしてからお風呂場へ!
Q3.洗顔料のタイプはいろいろ。どうやって選ぶの?
A3.何を選ぶかより、泡のクオリティにこだわって「石けんが肌に優しいと思っている方も多いのですが、昔ながらの石けんは肌がアルカリ性に傾きます。肌は本来弱酸性ですから、石けんはマイルドというわけではないんです。それよりは、洗浄成分がアミノ酸系だったり、肌への負担が減る保湿剤入りのもののほうが肌に優しいですね」(慶田先生)。
そして、どんな洗顔料を選ぶかもさることながら"泡立て"にこだわるべきなのだとか。「泡立てれば洗顔料は100倍にも膨れ、肌に触れる量が少なくてすみます。たっぷりの泡なら肌をこすって傷める心配も減ります」。泡立てが苦手な方はフォームで出てくるポンプを選んだり、泡立てネットを使うなど便利アイテムを活用して。
Q4.きちんと洗えていない人が多いって本当?

A4.本当です。「正しく洗う」って案外難しいもの皮膚科では、診察の前にメイクをすべて落とし、素肌になることが多いもの。そのとき「チェックのためにダーマスコープ(肌の拡大鏡)で見ると、メイク汚れが残っている方が案外多いんですよ」と慶田先生。頬や額など広い面だけをクルクルしていて、目もと、口もと、生え際に汚れが残っているケース。あるいは、クレンジングを伸ばしたらすぐすすいでいるため、汚れがクレンジングとなじんでいないケース。はたまた、メイクを落とそうとグイグイこすって肌に負担をかけているなんてパターンも要注意です。
「洗い残しがある方が3〜4割、逆に洗いすぎで必要な潤いを肌に残せていない人が1〜2割くらいでしょうか。メイクは油性ですから、肌に残ると酸化して負担となりますし、それが刺激となって毛穴が詰まり、ニキビになることも。いろいろな見解がある中で一概に何が正しいとは言い切れませんが、理想の洗顔方法としては優しい圧で顔のすみずみまでクレンジングをゆきわたらせ、軽くクルクルしてなじませてから20回くらい丁寧にすすいで」(慶田先生)