カープ公式サイトより

写真拡大

広島の助っ人外国人・バティスタ(25)は2017年6月4日のロッテ戦で、セ・リーグ史上初となる初打席から2打席連続で代打本塁打を記録した。

ファンは、歓喜の渦に包まれているかと思いきや、「不安」の声も一部で漏れている。

江川氏「インコースを突かないと相当打たれる」

ドミニカ出身のバティスタは、09〜13年までシカゴ・カブスに在籍。その後、ドミニカ共和国のカープアカデミーを経て、16年にカープに育成選手として入団した。

今季はファームで39試合に出場し、打率.369、本塁打14、打点38と目下三冠王に輝いていた。その成績を買われ、6月2日に支配下登録を勝ち取った。

支配下登録後、即1軍に昇格する。翌3日の試合に代打で登場すると、プロ初打席でいきなりバックスクリーン右に運んだ。外国人選手の代打初打席アーチはプロ野球史上初めてだ。4日には左翼上段に2ランを放ち、連日「神ってる」活躍を見せつけた。

スポーツ情報番組「Going!Sports&News」(日本テレビ系)に出演した元巨人の江川卓氏(62)は、

「(バティスタは)遅いボールを打つのはすごい上手そう。非常に手足が長いのでタメが大きいですから。インコースを突かないと相当打たれる」

と評した。

「今の広島だと外人枠で落とされかねない」

新たな「長距離砲」の出現に、カープファンは、

「バティスタほんとすご」
「先日のバティスタのホームランは鳥肌もんでした!また新たなヒーロー誕生ですね」

とツイッターには祝福の言葉があふれた。

しかし、手放しで喜べないファンもいる。

「バティスタ、打撃はええんよ!ほんと打撃はええ!・・・その代わり・・・守備が・・・えらいことです・・・出来れば、そこも報道していただきたい・・・」
「バティスタやばいな。守備が小学生レベルなので交流戦限定だと思うけど、エルの後釜見つかってほっこりだよ」
「正直、パリーグのバティスタすごく見てみたい。今の広島だと外人枠で落とされかねないしなぁ。てか、落とされちゃうんだよ(悲劇」
「てかまたバティスタHR打ったのか枠どうすんの」

バティスタは、過去2シーズンで一塁と外野をこなす。今季は出場全試合でライトを守り、2失策を計上している。

また、1軍の外国人選手の出場枠は「4つ」のみだが、カープは、投手4人(ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ、ブレイシア)、野手4人(バティスタ、ペーニャ、エルドレッド、メヒア)の計8人を抱えている。新星の登場により、枠争いはますますし烈を極めそうだ。