画像は合成です。

iOS 11の発表が予想される『WWDC』基調講演を前に、iOS 11の標準アプリと思われるものがApp Storeに登場しました。

こちらもご覧ください。
→ iOS 11で旧式アプリを一掃か、App Storeで一時非表示に

新アプリの名前は『Files』と『Activity』

Appleは、App Storeに『Files』と『Activity』という2つのアプリを公開しました。ただし検索や、開発元が「Apple」のアプリ一覧には表示されていません。


この記事を執筆している最中に、いずれのページも閲覧できなくなりました。

掲載されていたスクリーンショットは仮のものなのか、黒一色です。Activityアプリのスクリーンショットには中央に「5.5」と書かれています。

いずれにしても、アプリのデザインや機能をうかがわせる要素は見当たりません。

Filesアプリの説明欄には「Files App for iOS(iOSのファイルアプリ)」と記載されていますが、Activityアプリでは「Description text placeholder(空欄を埋めるための文章)」と記載されており、一般に公開することを想定したものではないようです。

ちなみに、アプリをダウンロードする【入手】ボタンは操作を受け付けないグレーアウト状態になっていました。

Filesアプリの機能

iPhoneやiPadでファイルを管理するためのアプリだと考えられます。

『iOS 10』にもiCloud Driveアプリはありますが、これはiCloud Driveにあるファイルを管理するためのもの。FilesアプリはiCloud Driveアプリの機能を取り込み、iPhone全体のファイル管理に用いるものと思われます。

Activityアプリの機能

このアプリはiPhoneとApple Watchに対応しています。「Activity(運動)」という名前からも、フィットネス関係であることは間違いなさそうです。

目標の達成状況などをiPhoneでも確認できるアプリかもしれません。

Activity(アクティビティ)アプリは、iPhoneとApple Watchをペアリングしたときに限って現れる標準アプリです。毎日どれくらい運動しているかを確認できます。

なぜApp StoreにiOS 11の標準アプリが登場?

iOS 10で一部の標準アプリが削除できるようになり、削除した標準アプリをiPhoneのホーム画面に再び追加するには、App Storeから入手する必要があります。

FilesやActivityアプリも削除できる標準アプリであることから、ベータ版iOS 11の配布に備えてApp Storeに追加され、外部から閲覧できる状態に誤って設定されたものと思われます。

iOS 10でActivityアプリは削除できませんが、iOS 11で削除できるようになるようです。

参考

Apple Watch でアクティビティ App を使う - Apple サポートPlaceholder for iOS 11 ‘Files’ App Goes Live on App Store - Mac Rumors

---

6月6日 Activityアプリに関する説明を訂正・加筆しました。