南シナ海を航行する中国海軍の編隊(2017年1月2日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】レックス・ティラーソン(Rex Tillerson)米国務長官は5日、中国が経済力を利用して南シナ海(South China Sea)や北朝鮮問題における国際的な責任から逃れることは「許されない」と警告した。

 オーストラリア・シドニー(Sydney)でジュリー・ビショップ(Julie Bishop)豪外相と会談したティラーソン長官は、米政府としては中国との「生産的な関係を強く望んでいる」としつつも、中国は重要な外交問題で十分な役割を果たさなければならないと指摘した。

 その上で、「中国が経済力を利用して他の問題から逃れることは、許されない。南シナ海の軍事拠点化であろうと、北朝鮮に適切な圧力をかけないことであろうとだ」とティラーソン長官は強調。「経済力や貿易力が強くなるにつれて、安全保障面での責任も大きくなることを認識しなければならない」と警告した。
【翻訳編集】AFPBB News