Photo by cinemacafe.net

写真拡大

デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン氏が、初のジュエリーブランド「NATUR & NICOLAI BERGMANN(ナチュア & ニコライ バーグマン)」を、東京・南青山の3階建ビルに、旗艦店として5月26日(金)にオープンした。
24日(水)に「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」で開催された記者会見では、ニコライ・バーグマン氏自身が登壇し、今回の新ジュエリーブランドのローンチについて流暢な日本語でプレゼンテーションを披露した。

「NATUR(ナチュア)」はデンマーク語で「自然」を意味し、花や葉、実や木々など植物の世界をテーマに表現したブランドだ。ニコライ・バーグマンの故郷であるスカンジナビアンの美学に基づく北欧デザインで、ニコライ・バーグマン氏ならではのジュエリーをクリエイションする。

今回のローンチに際して、ニコライ・バーグマン氏は「花の世界に携わってきた25年間、自分が手掛けた作品の美しさが失われない方法について常に考えてきました。花の命ははかないものですが、ジュエリーには植物の美しさと自分の自然に対する愛と情熱を封じ込めることができ、身に着ける方も自分が美しいと感じる、かけがえのない芸術品です。ジュエリー業界への進出はフラワーアーティストとしての仕事が自然に延長されたものだと考えています。これからも花とジュエリーの世界を結び付けていきたいと思っています」と思いを語る。

「ナチュア & ニコライ バーグマン」はカジュアル、ファイン、ブライダルの3つのコレクションを展開する。上質なシルバーを基調にしたカジュアルコレクションは、ニコライ・バーグマン氏が美しさを感じるという、つぼみが咲き始める瞬間をデザインしたシリーズや、チャームを付け替えてブーケのように楽しめるブレスレットなど全4シリーズ31アイテムを用意。

ファインコレクションは、シンプルでエレガントな自然の流れをテーマに、体のラインにしっくりと馴染むデザインで展開。18Kゴールドに厳選したパールとダイヤモンドを施した全2シリーズ17アイテムで展開。ブライダルシリーズは、これまでも婚礼用のブーケを手掛けてきたニコライ・バーグマン氏が、花嫁にとって最良の1日に寄せる思いを形にするようにモダンにアレンジし、ボタニカルなデザインがアクセントのオーダーメイドジュエリーとして世界に1つしかない指輪を展開してく。いずれのコレクションも、ニコライ・バーグマン氏に美意識が反映されたオリジナルのデザインとなっている。

ニューオープンを迎える「ナチュア & ニコライ バーグマン」は、「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン 旗艦店」の向かい側に位置し、二トン建築家ユニット「サナア」によって設計された独特なデザインが特徴の一軒。自然光がふりそそぎ、ニコライ・バーグマン氏いわく、新しいジュエリーブランドがここから育まれるようなナチュラルなムードを大切にした空間が展開される。

「ナチュア & ニコライ バーグマン」の中心価格帯は、カジュアルライン2万円台、ファインコレクション20〜40万円、ブライダルコレクション50万円後半となっている。



(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
世界に一つだけのギフトを!「ニコライ バーグマン フラワーズ&デザイン銀座店」オープン
「Dr.ハウシュカ」がメイクアップラインのリニューアルを記念し、国内4店舗でイベント開催!
ジョーダン・ダン、森星らと「マイケル・コース」の顔に
美容業界のカリスマ、藤原美智子が自身のライフスタイルブランド「MICHIKO.LIFE」を立ち上げる
ひとつだけのギフト選び 世界初のボディケアブランド「サボン・グルメ」