CNBLUE、アジアツアーがソウルで幕開け!大熱狂の180分間

写真拡大

CNBLUEが韓国で単独コンサートを成功裏に終えた。

CNBLUEは3、4日にソウルオリンピック公園のSKオリンピックハンドボール競技場で「2017 CNBLUE LIVE BETWEEN US in SEOUL」を開催した。

7thミニアルバム「7℃N」発売を記念して開催した今回のコンサートでCNBLUEは、二日間約7000人の観客と幸せな時間を過ごした。CNBLUEは「Radio」を皮切りに「When I Was Young」「Domino」「I'm Sorry」のステージを相次いで披露しながら単独コンサートのスタートを知らせた。

「今回の公演を通じて毎年6月にはCNBLUEを思い出してほしい」と挨拶したCNBLUEは「7℃N」の収録曲から、今まで多く愛されてきた曲まで爆発的なライブを披露した。

この日、CNBLUEはセットリストにあった23曲はもちろん、アンコール曲のほかにも、予定になかったアコースティック風の「愛、光」、イ・ジョンヒョンの「僕の愛よ」、カン・ミンヒョクの「星」、イ・ジョンシンの「足取り」などを歌いながら演奏の実力のほかにもそれぞれのボーカル実力を誇った。現場の盛り上がる雰囲気に応えるかのようにセットリストにない曲だけで1時間を追加し、公演場は180分間一瞬も休まず盛り上がっていた。

最後にCNBLUEは「今回の公演は特に時間が早く流れたようで残念だ。でも皆さんが熱く愛してくれて感謝する」とし「僕たちはいつも最善を尽くしているけど、今回はとりわけもっと最善を尽くしたような気がする。デビュー当時の心構えを持って今後様々な活動を通じて皆さんにたくさん会えるようにする」とファンと約束した。

ソウル公演でアジアツアー「Between Us」の幕を上げたCNBLUEは7月1日にはシンガポール、8日にはマニラ、15日にはジャカルタ、8月13日にはバンコク、19〜20日には香港、9月30日には台北など、アジア全域を舞台にライブ公演を続ける。