日本は国土が狭く地価が高いゆえに、都市部では家の購入や改築の際に「狭小住宅」という選択肢も存在する。中国では「家」は家庭にとっての拠り所という伝統的な概念があるため、住宅に関する関心はもともと高いのだが、日本ならではの狭小住宅は驚きが詰まった存在のようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本は国土が狭く地価が高いゆえに、都市部では家の購入や改築の際に「狭小住宅」という選択肢も存在する。中国では「家」は家庭にとっての拠り所という伝統的な概念があるため、住宅に関する関心はもともと高いのだが、日本ならではの狭小住宅は驚きが詰まった存在のようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の狭小住宅について、土地が少ない日本ならではの存在だと主張する一方、そこには多くの工夫が詰まっているとする記事を掲載した。

 記事は、東京は住宅の価格が高い都市の1つで、家の密集度も極めて高い場所だと紹介し、中国人の「想像を越えた家が少なくない」とし、数枚の写真と共に日本の狭小住宅を紹介した。

 中国人を驚かせているのは個人の住宅であるのに独特のデザインをしており、極めて狭い敷地に建っていることであるようだ。コンクリート打ちっぱなしの外壁に覆われており、窓が小さく、整った正方体ではない形であるなど、独特のスタイルだが「シンプルでなかなか美しい」と評している。

 また、外から見れば小さな家に見えるかもしれないとしながらも、家の内部は狭い空間を最大限広く使用するための工夫が随所に見えると指摘し、「家の外観と違って、内部は想像以上に豪華である」ことが多いと指摘した。

 中国では郊外や農村部を訪れると3階建ての戸建て住宅も多く見られるが、敷地が広く、日本のように隣家と密接して連なっていることはないので日本の住宅事情はかなり特殊に映るのかもしれない。記事は、「東京を訪れる中国人が多く目にするのは高層ビル街であろうが、郊外には低層の戸建ての住宅が多く、狭小住宅も決して少なくない」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)