「キン肉マン キンケシ01」

株式会社バンダイは、同社のカプセル玩具「ガシャポン」が40周年を迎えることを記念して、カプセル自販機で「キン肉マン キンケシ01」(1回200円)を6月下旬から発売開始すると発表した。

 

今回の企画は、40周年が平成29年という“にく”と読める年にあたり、ガシャポンでにくと言えば、累計出荷数1億8000万個を記録した「キンケシ」の「キン肉マン」が思い浮かぶから。

 

新たに発売されるのは「キン肉マン、ペインマン、バッファローマン、モンゴルマン、ネメスドライバー(ネメシスVSロビンマスク)、アシュラバスター(アシュラマンVSテリーン)」の6タイプで、それぞれ赤・ペールオレンジ・青の3カラーがあり、全18種類がラインアップされる。

カラーバリエーション

それぞれの金型は新規に製作したもので、原型監修は、1983年に発売した当時の造形師・廣田圭司氏の息子・廣田敬厚氏が手がけている。また、サイズは当時の40mmから46mmにサイズアップされている。

 

今後の展開については、原作漫画「キン肉マン」の続編に登場する新超人も含め、様々な超人が「キンケシ」になって登場する予定だ。

 

また、「キンケシ」史上最大となる全高約450mmの「超デカキンケシ キン肉マン(フルカラーVer.)」をバンダイの公式ショッピングサイトプレミアムバンダイ内ガシャデパで6月2日から予約を受け付ける。価格は1万584円(税込)。

(右)超デカキンケシ キン肉マン(フルカラーVer.)
(左)キン肉マンキンケシプレミアムVol.1

発表資料

URL:http://bandai-a.akamaihd.net/corp/press/100000567679314.pdf

2017/06/05

 


▷こちらもおすすめ

あっ!と驚くAdobeのツール系 スマホアプリ【まとめ編】

 

アイ・オー、11ac対応で5GHz専用の小型無線LAN子機を発売

 

上海問屋、点描画を早く描けるUSB充電の電動ドットペンを発売