(C)Getty Images

写真拡大

 米Appleはいよいよ現地時間5日(日本時間5日26時)に年に一度の開発者向けカンファレンス「WWDC 2017」を開催する。

 開発者向けのイベントという位置づけではあるが、コンシューマー向けの新商品/新サービスの発表にも注目。今年は、高速なCPUを搭載した新型MacBookに加え、Amazonの「Echo」、Googleの「Google Home」に代表されるような置き型の家庭向けデバイス、Siriのさらなる進化、そしてiPhoneやiPad向け基本ソフト「iOS」の次期バージョン「iOS 11」の発表に期待が集まっている。

 すでに毎度のことではあるが、基調講演の模様は全世界に生中継(ストリーミング配信)が予定。Appleの公式ウェブページ(https://www.apple.com/apple-events/june-2017/)に加え、iOSデバイス向け専用アプリ「WWDC」、およびApple TVで閲覧が可能だ。