ドン・ヒョンベ、映画「金」に合流…ユ・ジテ&リュ・ジュンヨルと共演

写真拡大

俳優ドン・ヒョンべが映画「金」出演を確定した。

ドン・ヒョンべは同作で株式ブローカーを演じる。

「金」は、金持ちになる夢を見てソウルの汝矣島(ヨイド) に来た新米証券マンが、汝矣島で最高の証券マンに会った後、金の誘惑に巻き込まれ展開されるストーリー描いた映画で、リュ・ジュンヨル、ユ・ジテ、チョ・ウジンなど演技力はもちろん、韓国映画界の有名俳優たちが出演することで観客たちの期待を一身に浴びている作品だ。

「生き残るための3つの取引」「ベルリンファイル」の助監督だったパク・ヌリ監督のデビュー作で、「新しき世界」「無頼漢 渇いた罪」「アシュラ」の制作会社サナイピクチャーズと、「群盗」「華麗なるリベンジ」「保安官」の映画会社月光が制作に乗り出し、話題を集めている。

ドン・ヒョンべは最近「私に残った愛を」への特別出演を確定したのはもちろん、2日に初放送されたKBS 2TVバラエティドラマ「最高の一発」で“MCドリル”役を務めながらしっかりとしたフィルモグラフィを積んでいる。

「金」は先月12日から本格的な撮影に入った。