「敵は味方のフリをする」ーーこの言葉は『小さな巨人』(TBS系)のキャッチコピーであり、ドラマにとって根幹をなすテーマでもある。第8話では、事件の容疑者である横沢裕一(井上芳雄)を捕まえるべく、物語は何度も展開を見せる。捜査の中で、大きく活躍するのが香坂真一郎(長谷川博己)の部下であり、新人刑事の三島祐里(芳根京子)だ。

(参考:岡田将生はなぜ“嫌なヤツ”を演じるのか? 若手演出家が『小さな巨人』の芝居を読む

 横沢が妻の亜美(中村アン)と接触する可能性が高いという理由から、三島が彼女の見張り役を命じられる。亜美の相談役であった三島はカフェで再会を果たし、「好きな人」として亜美に愛犬ジョンの写真を見せ、彼女との距離を一気に縮める。近くで2人の張り込みをする刑事の渡部久志(安田顕)も、「あの子、懐に入るのが上手いじゃないか」と感心するシーンだ。主要キャストをほぼ男性俳優が担う『小さな巨人』の中で、芳根はこのドラマの紅一点ともいえる存在。芳根は今春までNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』にて、ヒロイン役のすみれを演じてきた。天真爛漫であり、物事に真摯に向き合う役柄。それは今回の『小さな巨人』でも、十二分に活かされている。

 天真爛漫さが「懐に入る」というシーンに活かされているならば、真摯な態度は横沢を逮捕に追い込んだ場面に見て取れるだろう。亜美は、自分の携帯が警察にリークされていることを察知し、目を盗んだ隙に三島の携帯を使い夫と連絡を取り合っていた。それを三島は逆に利用し、逮捕へと追い込む。「敵は味方のフリをする」ーー彼女しか出来ないこの任務を後押ししたのは、香坂だった。「警察だって私情は挟む。捕まえたくない人だっている。警察だって人間なんだ。覚悟を持って、しっかり利用されろ」、香坂の言葉に三島は真っ直ぐな眼差しで返事をする。三島は、香坂に憧れを持ち自ら異動希望を出して、豊洲署の刑事となった経緯がある。自分にしかできない任務を香坂から命じられた喜びと、亜美を裏切る形になってしまう思いとが交錯するのだろう。下唇を噛み締め、瞳に涙を滲ませながら香坂を見つめる演技は見事だ。

 正義とは、組織とは何かーー藤倉良一(駿河太郎)は、同期でありライバルの、自身の正義を貫く香坂の姿に自問自答していた。上の指示を忠実に守り、第一課1係長という位置へと着実に出世街道を歩んできた藤倉は、所轄を利用し横沢の逮捕に成功する。「敵は味方のフリをする」という言葉がここにも生きているのだ。しかし、同期の絆がある香坂の言葉が藤倉に響き、捕まえた横沢の手柄を所轄へと引き渡す。やっと、横沢の聴取が始まると思ったのも束の間、警察内部の内通者が横沢の逃走の手助けをする。『小さな巨人』はストーリーが二転三転する、最後まで展開の読めない作品だ。これまで毎放送回で、必ず誰かが香坂を裏切ってきた。最後に彼を裏切るのは、彼が信頼できるのは誰なのか、残り2話の展開から目が離せない。

(渡辺彰浩)