LINE株式会社は5日、6月9日のサイバー防災の日に、アカウント乗っ取り被害を疑似体験できる「LINE サイバー防災訓練」を実施すると発表した。

 

2017年から記念日登録された「サイバー防災の日」に実施されるのは、アカウント乗っ取り被害を疑似体験して、インターネットやSNSのリスクを知り、対策を学ぶことができるサイバー防災訓練。

 

6月9日の当日は、「LINE」アプリ内に掲出されるPop-upバナーもしくはキャンペーンサイトからアクセスすると、自分のLINEアカウントが乗っ取り被害にあう体験ができる体験型ムービーが視聴できる。

 

動画には、乗っ取り犯役として俳優・お笑い芸人の片桐仁(ラーメンズ)が登場し、スマートフォンがジェックされたかのような演出が見られる。さらに、乗っ取られた場合のアクションとして選択肢が示され、選択によってハッピーエンドかバッドエンドかのどちらかが見られる。

 

また、キャンペーン特設サイトも開設され、LINE乗っ取りのリスクと対策についても紹介する。

本キャンペーンを共だちにシェアすると、無料でもらえるLINEサイバー防災訓練特別スタンプ

発表資料

URL:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1757

2017/06/05

 


▷こちらもおすすめ

あっ!と驚くAdobeのツール系 スマホアプリ【まとめ編】

 

アイ・オー、11ac対応で5GHz専用の小型無線LAN子機を発売

 

上海問屋、点描画を早く描けるUSB充電の電動ドットペンを発売