パク・シフ、KBS新ドラマで5年ぶりに地上波復帰?“現在議論中”

写真拡大

俳優パク・シフの地上波ドラマの復帰が議論されている。

本日(5日) 午前、所属事務所のフファクトリー側の関係者は、マイデイリーに「パク・シフが『黄金色の私の人生』への出演を提案されて議論中だ」と明らかにした。

パク・シフの出演が決定すれば、2012年に韓国で放送されたSBSドラマ「清潭洞<チョンダムドン>アリス」以来、5年ぶりの地上波復帰作となる。

「黄金色の私の人生」は金のさじ(上流階級) への身分向上のチャンスを得た女性が、かえって奈落の底に落ちて、その中で幸福を求める方法を悟る過程を描くドラマだ。「いとしのソヨン」のソ・ヒョンギョン脚本家と「棚ぼたのあなた」のキム・ヒョンソクプロデューサーが息を合わせる。

「お父さんが変」の後番組として、韓国で8月に放送予定だ。