人間国宝・室瀬和美 蛍きらめく季節、きらめく日本の匠の技を間近で(藤田観光株式会社)

写真拡大

 年を経る毎に透けてきた漆が、絶妙な質感を醸す。ホテル椿山荘東京は、6月1日から同中旬まで、人間国宝・室瀬和美氏による「車海老蒔絵乾漆八稜箱」が展示される。飴色の透漆の透明感が好きだと言う作者が、それを生した表現に取り組んだ作品。

 ホテルが伝える室瀬氏の取り組みによると、透漆にはエビの美しい甲殻が最適だと考え、生きた車海老を来る日も来る日も観察し、漆によるリアリズムを追求し続けた。側面は細く切った夜光貝を並べ、汀(なぎさ)の煌きを表している。

 作品はホテルのロビーで展示。

(編集・甲斐天海)