エドガー・ライト監督最新作『ベイビー・ドライバー』日本公開決定 予告映像も

写真拡大

 エドガー・ライト最新作『ベイビー・ドライバー』が8月19日に日本公開されることが決定。あわせて予告映像が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!』のイギリス人監督エドガー・ライトが、初めてハリウッドで製作したカーアクション。犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称“ベイビー”が、運命の女・デボラと出会ったことにより、組織を脱退するべく奔走する姿を描く。

 主人公・ベイビーを『ダイバージェント』のアンセル・エルゴート、デボラを『シンデレラ』のリリー・ジェームズ、組織のボスを『ハウス・オブ・カード:のケヴィン・スペイシーが演じるほか、エイザ・ゴンザレス、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックスらが脇を固める。

 この度公開された予告映像では、耳鳴りを防ぐためにiPodでロックミュージックを聞きながら、天才的なドライビングテクニックを披露するベイビーの姿が映し出されている。

(リアルサウンド編集部)