Photo by cinemacafe.net

写真拡大

台湾画界では異例となる興行収入5億3千万台湾ドルを記録し、台湾歴代興行成績で『タイタニック』に続く2位に輝く大ヒット作『海角七号 君想う、国境の南』で映画初主演を果たし一躍時の人となった女優・田中千絵が、現在放送中の「嵐」相葉雅紀主演ドラマ「貴族探偵」の6月12日(月)放送の第9話に出演することが決定。田中さんが日本のドラマに出演するのは、2005年放送の『剣客商売スペシャル「決闘・高田馬場」』以来12年ぶり、ゴールデン帯放送の連続ドラマへは今回が初となる。
メーキャップアーティストのトニー・タナカを父に持ち、高校生のときにスカウトされ芸能界デビューした田中さん。以降、「美少女H」の第4話で主演を務めドラマデビューした後、「スカイハイ」や『ピンポン』など話題作に出演する中転機が。それは、香港映画『頭文字D』への出演。日本人以外にアジアの様々な俳優・女優が出演した本作だが、監督を務めた劉偉強から「中国語を勉強して、アジア映画界にもっとチャレンジしては?」という激励を受け、2006年一念発起し本格的に中国語を学ぶべく、女優活動を休止して単身台湾へ留学。

その後、日本への帰国準備をしていたときに、魏徳聖監督から『海角七号 君想う、国境の南』のオファー。田中さんは、主人公の売れないミュージシャンと恋に落ちる、中国語が話せる日本人ファッションモデルという役どころを演じ、「海角七号見た?」が挨拶代わりになるほどの社会現象を巻き起こし大ヒット。作品は公開同年、台湾版アカデミー賞と称される「金馬奨」で「年間映画作品賞」など6部門を受賞、田中さんも中国語と日本語が混ざり合う難しい役どころを切なくさわやかに演じきり、日本人としては初めて最優秀新人賞にノミネート。これにより、それまで台湾では無名であった田中さんが、同年台湾Yahoo!による、どれだけ検索されたかを示す世論調査「2008年台湾マン・オブ・ザ・イヤー」において第3位にランクイン、アジア映画界から大注目の存在に。そして台湾を活動の拠点とし、台湾映画で主演を2作、中国映画で主演を2作、さらに数々の台湾・中国のTVドラマにも出演している人気女優だ。

今回「貴族探偵」で田中さんが演じるのは、サラリーマンの夫(山中崇)を持つ、水橋佐和子という名の女性ジャズシンガー。大人気作家(小市慢太郎)と結婚した元女優(高岡早紀)を姉に持ち、性格は自由奔放で、異性に対しても開放的。ある日、佐和子の家族と姉の家族、また両家族と親交のある男性ミュージシャン(中村俊介)の5人で、その姿を見た者は運命の人と結ばれると言われている“あかね古式蝶”という珍しい蝶が出ると噂のキャンプ場で、バーベキューをすることに。蝶はなかなか見つからないものの、バーベキューを楽しむ一同。しかし、その笑顔を悲鳴に変える殺人事件が発生。被害者は佐和子。絞殺された遺体は、世にも美しい姿で発見され、全員にアリバイがあるという状況で…というストーリーだ。

今回のオファーは自身にとって意義深いものと話す田中さんは、「デビュー作『美少女H』で大変お世話になった中江監督と羽鳥プロデューサーと20年ぶりに、またこうしてお仕事をご一緒させていただけたこと、どんなに時間がたっても当時と変わらない温かさで私をまたフジテレビのドラマに呼んでくださったことに心から感謝しています」と感慨深げ。撮影では、久しぶりの日本語での芝居に最初は慣れない感じだったと明かすものの、その現場の雰囲気に毎回行くのが楽しかったとふり返り、主演の相葉さんについては、「ブラウン管を通してもその人柄の良さが伝わってくる程で、今回共演させていただけることを、とても楽しみにしていました。台湾や中国でも相葉さんは大人気で、私の台湾の友人にも相葉さんのファンはたくさんいます。今回のゲスト出演が決まったことに、私よりも周りの台湾の友人たちが興奮していたくらいで(笑)」とコメント。

また、見どころについては「トリックが“まさか”というところに仕掛けられているところと、私が演じさせていただいた被害者である佐和子の死体が、いままでには見たことのない姿で発見されるので、ぜひそのあたりに注目して見ていただければと思います!」とアピールした。

さらに、第9話では事件をきっかけに第7話より激動の展開を見せている「貴族探偵の謎の正体」へ、武井咲演じる新米探偵・高徳愛香がついに迫ることに。最終回を前に謎が破局的に崩れ出す、必見の回となりそうだ。

「貴族探偵」は毎週月曜日21時〜フジテレビ系にて放送。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
仲間由紀恵、ついに相葉雅紀らと共演!「貴族探偵」
加藤あい、3年ぶりドラマ出演! 「貴族探偵」で連続殺人事件のキーマンに
相葉雅紀、月9ドラマ「貴族探偵」主演に!「“攻めた”役を楽しめたら」
【インタビュー】ブラッド・ピット 俳優・プロデューサーとして劇場映画と映像配信に望むもの
向井理、自身の祖母をモデルにした映画への思い吐露「あの時代、先人の想い残したかった」